ホーム>中学・ジュニア>平成28年度>第18回 九州ジュニア・ラグビー鹿児島ジャンボリー大会レポート〔2月25日~26日〕
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

第18回 九州ジュニア・ラグビー鹿児島ジャンボリー大会レポート〔2月25日~26日〕

 日本ラグビーフットボール協会の後援を受けて開催しているジャンボリー大会も平成8年から2地区で大会が行われるようになり第18回を迎え、九州ジュニ・アラグビーの一層の普及と発展および各県チーム間の交流を促す普及事業として欠かせない大会となっています。
 このジャンボリー大会は、九州各地から中学校・スクールの垣根を越えた試合ができ、毎年40チームを超える参加があり、目的であるフレンドリーシップを求める大会として、指導者・選手は相手やレフリーへの敬意と活動を支えて下さる全ての関係者への感謝の気持ちが伝わってきます。これもひとえにチーム関係者皆さま方のご協力の賜と感謝しています。
 また、試合の組合せはチーム状況を配慮して、試合時間をランニングタイムで15分、2日間で最大10試合程度を対戦できるようにしています。
 平成29年2月25日、26日の鹿児島ジャンボリー大会は2020年鹿児島国体の会場となる鹿児島県立サッカー・ラグビー場と隣接したふれあいスポーツランド芝生広場で開催しました。当日は晴天に恵まれ、沖縄県をはじめ九州各県26チーム、約500名が参加して天然芝2面と人工芝1面のグラウンドを利用して約120試合を行いました。

 施設概要

【会場案内】
【施設概要】
   
 【ふれあいスポーツランドの風景】 【人工芝・天然芝グラウンドの風景】
 【試合の風景】
 玉名中(熊本) VS 鹿児島JRFC 玉名中(熊本) VS 鹿児島オールバックス 宮崎RS(宮崎) VS 熊本RS(熊本) 
     
 熊本RS(熊本) VS 富島中(宮崎)  熊大附属中(熊本) VS 大分RS(大分)  三和中(長崎) VS ライジングサン鹿児島
     
 玉名中(熊本) VS 鹿児島JRFC  島原RS(長崎) VS 玉名中(熊本)  大会本部
     
 ライジングサン鹿児島 VS 東海中・日南RS(宮崎)  三和中(長崎) VS 東福岡自彊館中  宮崎RS(宮崎) VS 熊本RS(熊本)
     
 熊本SD・託麻中(熊本) VS 玉龍中・Reds・姶良RFC(鹿児島)  大分RS(大分) VS 読谷中・古堅中(沖縄)  帯山中(熊本) VS 読谷中・古堅中(沖縄)
     

 最後に本大会にご尽力頂きました鹿児島県協会をはじめ関係者の皆さま方に感謝いたします。今後も更にジュニア・ラグビーの普及・発展を目指し、継続して大会が開催できるよう九州協会として努力したいと思います。

                                                                                                         文◎横尾 久己(大会総務委員長)

【参加チーム内訳】(注)合同チームは個別で計上。

中学校 スクール 合 計
福 岡 県 2 0 2
長 崎 県 2 1 3
熊 本 県 7 2 9
大 分 県 0 1 1
宮 崎 県 4 3 7
鹿児島県 2 5 7
沖 縄 県 2 1 3
合 計 20 14 34
【参加チーム一覧】
福岡県(2チーム):東福岡自彊館中学校、百道中学校
長崎県(3チーム):岩屋中学校、三和中学校、島原ラグビースクール
熊本県(9チーム):託麻中学校、東部中学校、龍田中学校、玉名中学校、熊大附属中学校
          出水中学校、帯山中学校、熊本サンデーズ、熊本ラグビースクール
大分県(1チーム):NPO法人大分ラグビースクール
宮崎県(7チーム):高鍋西中学校、檍中学校、富島中学校、東海中学校、日南少年ラグビースクール
          宮崎少年ラグビースクール、N・H・Mバーバリアンズ(延岡・日向・都城ラグビースクール)
鹿児島県(7チーム):鹿児島玉龍中学校、鹿児島ラサール中学校、鹿児島ジュニアラグビークラブ
           鹿児島ライジングサン、鹿児島オールブラックス、姶良ラグビーフットボールクラブ
           レッズラグビーフットボールクラブ
沖縄県(3チーム):読谷中学校、古堅中学校、沖縄ラグビースクール