ホーム>ミニ・タグ>平成26年度>第17回沖縄県スポーツ・レクリエーション祭タグラグビー大会兼2014タグフェスタin沖縄〔10月19日〕/レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

  • トップリーグ
  • トップチャレンジリーグ
  • 九州リーグ
  • 日本代表

第17回沖縄県スポーツ・レクリエーション祭タグラグビー大会兼2014タグフェスタin沖縄〔10月19日〕/レポート

■日時 平成26年10月19日(日)
■場所 うるま市与那城多種目球技場
■参加者 選手:180名、指導者:25名、役員:60名、保護者等:90名
■主催 沖縄県
沖縄県レクリエーション協会
(公財)沖縄県体育協会
沖縄県スポーツ推進委員協議会
沖縄市
沖縄市教育委員会
■主管 沖縄県ラグビーフットボール協会
■後援 日本ラグビーフットボール協会
九州ラグビーフットボール協会

 今大会当初の参加チーム数は「35チーム(285名)」でしたが、台風19号の影響により、延期をせざるを得ない状況でした。その為、参加チームの減少が懸念されましたが、10月19日(日)に「うるま市与那城多種目球技場」において、秋晴れの爽やかな気候のもと、18チーム180名の選手と観客90名余りの参加で混乱することもなく、楽しく開催することができました。初出場のチーム等も増え、少しずつタグラグビーが普及していることを実感しました。今後も地道に普及活動を展開したいと考えました。

写真 写真 写真


 小学生の部においては、年々技術が向上し、低学年においても華麗なステップワークやパスなどが随所に見られました。高学年においては、多彩なパスワークと共に、組織的なディフェンスなども見られ始め、サントリーカップを意識したチームも多くみられました。また、初出場のチームにおきましては、とても楽しんだプレーもありましたが、ルールで少々混乱する場面も見受けられ、ルールの理解に時間がかかる様子でした。

写真 写真 写真


 また、本大会を開催するにあたり、高校女子チームの補助員をメインに、高校生も補助員として参加してくださったおかげで、スムーズな大会運営ができ、本当に感謝致します。

写真 写真 写真