ホーム>ミニ・タグ>平成26年度>サントリーカップ第11回全国小学生タグラグビー選手権大会 九州ブロック決勝大会〔2月8日〕/実施要項
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

  • トップリーグ
  • トップチャレンジリーグ
  • 九州リーグ
  • 日本代表

サントリーカップ第11回全国小学生タグラグビー選手権大会 九州ブロック決勝大会〔2月8日〕/実施要項

写真

 

大会要項

■目的 全国各地の小学生が、ラグビーからコンタクトを除いたタグラグビーをプレーすることにより、ラグビースピリットを通じ、仲間と助け合うことを体験し、自ら考えて道を切り開くことを身につけ、スポーツの意義を実感することを目的とする。
■期間 平成26年2月8日(日) 8:45受付開始
■会場 吉野ヶ里歴史公園 古代の原ゾーン  リンク 吉野ヶ里歴史公園HPへ(アクセス)
 佐賀県神崎郡吉野ヶ里町田手1843
■競技規則 (公財)日本ラグビーフットボール協会 タグラグビー標準競技規則に基づく大会規則に準ずる。
■競技方法 予選プール戦と決勝トーナメント戦。(開会式前に抽選会を実施)
※県代表として、同じ小学校や同じチーム等から2チーム以上が参加している場合は、トーナメント戦において最初の段階で対戦するように入替を行う。また、県大会上位チームだったチームのパートで対戦するように入替を行うため、トーナメント戦の対戦相手が変更することがある。
■参加対象
及び参加資格
※参加資格について不明の点は、各県大会事務局にお問い合わせください。
(1) 小学生4~6年生、7~10名編成したチームで、学年の編成内容は問わない。
(2) 原則、単一小学校の参加とする。但し、タグラグビー普及の地域差等により単一小学校でチームが組めない場合は、各県の判断で出来るだけ多くの小学生が参加できるよう参加資格の調整を可とする。
(3) 参加チームは成人2名が必ず帯同コーチとして引率し、登録選手の保護者から参加の承諾を得ていること。また、大会要項その他主管団体の定める大会規則の遵守を誓約すること。
(4) 帯同コーチは当該チームを指導掌握し、責任を負う事の出来る者であること。但し、予選大会において帯同コーチが複数のチームを兼任する事は構わない。
(5) 帯同コーチは所属小学校長(複数であれば総て)の承認を受けていることが望ましい。但し、必ずしも小学校長の承認がなくても、帯同コーチの責任において参加することも可能とする。
(6) 参加登録費(保険料含む)を各県協会へ納める。但し、九州ブロック大会で再度参加費は徴収しない。
(7) 大会参加における病気やケガ、事故等における全責任は、保護者が負うものとする。
■罰則 大会要項、大会諸規約、競技規則についての違反などスポーツマンシップに反する行為等があった場合は厳重な処罰を行う。
※指導者・観戦者にも適応する。
■安全対策
(1) 大会期間中、主管団体が所定の救急指定病院を定める。
(2) 大会期間中、主管団体が担当医師及びメディカルスタッフ等を任命する。
(3) 試合中の傷害について、当日の応急処置は主管団体が施すが、事後処理は各チーム及び保護者が行うものとする。
(4) 大会期間中の保険は、主催者(JRFU)でまとめて加入する。
■健康管理
(1) 大会参加にあたっては、当該チームにて予め健康管理を行い、充分留意すること。
(2) 試合中以外での病気傷害についてはチーム内で処理すること。
(3) 参加選手は必ず保険証またはそのコピーを持参すること。
■肖像権 大会出場選手の肖像権ならびに全ての権限)は主催者にあるものとする。
※公式ウェブサイト内の掲出、次年度以降の大会ポスター・プログラム等に使用されることがある。
■費用
(1) 旅費交通費の支給はなし。
(2) 九州ブロック大会への参加費はなし。
※県大会参加費のみとする。
■表彰
(1) 決勝トーナメントの優勝チーム、準優勝チーム、3位チームを表彰する。
(2) 上位3チームについては、平成26年3月8日(土)~9日(日)に行なわれる全国大会(東京)への出場権が与えられる。
※3月7日(金)夜までに、全国大会参加のための指定宿泊所(東京都)等に入室できることを条件とする。但し、7日(金)の代表者会議の時間(午後7時半)には、各チームの監督またはコーチ1名が参加すること。
(3) 入賞以外の全チームに対して、ナイストライ・ナイスパス・ナイスラン等の賞状を授与する。
■その他
(1) 大会の公式戦で使用するタグセット、タグボールは主管団体が用意する。
(2) サントリーカップのシューズについては、九州ブロック大会では、指定の固定スパイク(ゴムスパイク)を認めているが、全国大会で使用できない。全国大会で利用可能なトレーニングシューズ等(別紙資料参照)は、決まっているので確認すること。
※全国大会は規定以外のシューズでは参加できないので十分に留意すること。
(3) 参加申込書については、予選からの内容変更(登録選手・チーム名等)が無ければ、転記で構わない。原則的には予選からの登録選手変更は認めない。
(4) 応援者席はスタンドの定められたエリアとする。持ち物の管理に注意しゴミは必ずチームで責任を持って持ち帰る。
(5) 各チームの帯同コーチ1名は、九州ブロック大会で各試合のアシスタントレフリー(AR)を務めること。
※可能な限り、各チームの帯同コーチは、各県協会タグ担当者へARのやり方を聞いておくことが望ましい。
(6) 各県代表として参加できるチーム数は、それぞれ2チームとするが、九州各県の中で本年度の参加チーム数が多い上位2県が、チーム数を3チーム選出することができる。※ただし、九州全県の試合が終了しない限り、第3位チームは決まらない。
■日程
8:45   チーム受付(大会本部)
9:00   代表者会議(予選プール抽選、競技方法説明)
10:00   開会式
(1)森内大会実行委員長挨拶
(2)競技方法・施設利用説明
(3)選手宣誓
10:30   予選プール開始
12:40   決勝トーナメント開始
15:00   閉会式
(1)大会実行委員長講評
(2)表彰式
※終了後写真撮影(全体・全国大会出場チーム)
15:30   全国大会出場チームへの説明会(20分程度)
■競技役員
 (予定)
●実行委員長
 森内雅文(九州ラグビーフットボール協会普及育成委員長)
●総務委員長
 原田義一(九州ラグビーフットボール協会普及育成副委員長)
●競技委員長
 三原一樹(九州ラグビーフットボール協会普及育成委員会タグラグビー部門長)
●レフリー委員長
 徳島恒雄(九州ラグビーフットボール協会普及育成委員会レフリー部門長)
●規律委員長
 岩永昭博((九州ラグビーフットボール協会普及育成委員会ミニラグビー部門長)
●各県タグ部門長
 伊藤正光(佐賀)・松田哲朗(長崎)・結城利治(福岡)・田中 寛(熊本)・大森 博(宮崎)
 上田雄一(大分)・中山大樹(鹿児島)
■問合せ先 日本ラグビーフットボール協会 普及・競技力向上委員会
 タグラグビー九州エリア担当 三原一樹
 〒899-0405 鹿児島県出水市高尾野町下水流2764-1
 携帯090-5722-5491
 Email: krfu-tag@hi3.enjoy.ne.jp
 勤務先 出水市立下水流小学校
  TEL 0996-82-0039 / FAX 0996-82-4164
■主催 (公財)日本ラグビーフットボール協会
■主管 九州ラグビーフットボール協会
■後援 文部科学省
朝日新聞社
朝日学生新聞社
■特別協賛 サントリーホールディングス株式会社
■協賛 アディダスジャパン株式会社
■協力 サントリーサンゴリアス