ホーム>安全対策委員会>平成25年度メディカル・安全対策委員会合同総会〔3月1日〕/レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

  • トップリーグ
  • トップチャレンジリーグ
  • 九州リーグ
  • 日本代表

平成25年度メディカル・安全対策委員会合同総会〔3月1日〕/レポート

 

 3月1日(日)に、今年度(平成25年度)のメディカル・安全対策委員会の合同総会が、約20名が九州各県から参加し、九州協会会議室にて行われました。

 このメディカル・安全対策委員会の合同総会は、年に一度、各県のメディカル委員長(医師)と安全対策委員長が集まり、ラグビーにおける重症事故を減らすために、情報提供や意見交換を行う、貴重な機会です。

 今回は、
(1)2013 IRBメディカルカンファランス報告(メディカル委員会村上秀孝氏)
(2)ジャパンTLメディカルコントロール部会(日本協会代表事業部メディカルディレクター、トップリーグメディカルコントロール部会長・宮崎県協会メディカル委員長田島卓也氏)
(3)「長崎国体にむけての取組み」(長崎県協会安全対策委員長猿渡徹氏)
などが話され、質疑応答まで行いました。改めて、九州のラグビー関係者の活躍も感じました。

 今後も、安全なラグビーの実施のためにこのような活動を行なっていきます。


写真 写真 写真