ホーム>トップリーグ>平成28年度>(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ

 2017年度シーズンより開始いたします、「(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ」に参加するチームを決定する「(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ参入マッチ」の日程、試合会場、及び対戦カードが決定いたしましたので、お知らせいたします。
  日付 キックオフ 対戦 会場
1 12月3日(土) 11:30 釜石
(トップイーストDiv1-3位)
- マツダ
(トップキュウシュウA-3位)
熊谷(埼玉)
2 12月11日(日) 12:00 大阪府警
(トップウエストA-3位)
- 釜石
(トップイーストDiv1-3位)
鶴見緑地(大阪)
3 12月18日(日) 12:00 マツダ
(トップキュウシュウA-3位)
- 大阪府警
(トップウエストA-3位)
コカ・ウエスト広島(広島)


トップイーストディビジョン1/トップウェストA/トップキュウシュウAのそれぞれ3位のチームによる総当たり戦。
上位2チーム(1位・2位)が2017年度シーズンより、「(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ」参加となる。

3地域統一リーグ「(仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ」概要

 ラグビーワールドカップ2019日本開催に向けた今後の日本の社会人ラグビー界の更なる発展・進化の為、2017年度より3地域リーグの上位チームが集結したトップリーグに次ぐリーグを創設。実力の拮抗したゲームを数多くこなすことで全体のレベルアップを図り、魅力あるゲームを増やすことを目的としております。
■名称 (仮称)ジャパンラグビートップチャレンジリーグ
■開始時期 2017年度シーズンより
■参加チーム数 8チーム
■初年度参加チーム 2016-2017シーズン結果により8チームを決定
・トップイーストDiv1   上位2チーム
・トップウェストA   上位2チーム
・トップキュウシュウA   上位2チーム
・各リーグ3位同士の総当たり戦による上位2チーム
※但し、最終的な8チームはトップリーグリーグ戦最終結果、トップチャレンジ1、トップリーグ入替戦結果により確定します。
■試合数・方式 総試合数40試合 年間10試合/チーム
・1stステージ:8チームによる総当たりリーグ戦 7試合/チーム
・2ndステージ:1stステージ1~4位同士による総当たりリーグ戦3試合/チーム
・2ndステージ:1stステージ5~8位同士による総当たりリーグ戦3試合/チーム
■上位・下位リーグとの昇格・降格 上位リーグ(トップリーグ)、また下位リーグ(トップイーストDiv1・トップウェストA・トップキュウシュウA)との自動昇格・自動降格または入替戦を実施する。
※2017-2018シーズンのトップリーグ試合方式が決定していないため、上記表現となっております。
■主催・運営箇所 関東協会・関西協会・九州協会を主体として、日本協会と連携し運営。
■大会要項・規約等 今後、速やかに検討・作成する。