ホーム>トップリーグ>平成28年度>トップリーグ第13節〔12月24日〕/コカ・コーラvsNEC/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ第13節〔12月24日〕/コカ・コーラvsNEC/試合レポート

TOP LEAGUE
コカ・コーラレッドスパークス
コカ・コーラレッドスパークス 
 vs  NECグリーンロケッツ
 NEC
     

平成28年12月24日(土) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●11:30キックオフ
 コカ・コーラレッドスパークス vs NECグリーンロケッツ

写真
 【マン・オブ・ザ・マッチ】
  NECグリーンロケッツ:瀧澤 直

 クリスマスイブに迎えたこの1戦、どちらも、入替戦回避のためには勝利して勝ち点を積み上げたい思いが激しくぶつかり合う試合となった。

 コカ・コーラのキックオフ直後、NECのオブストラクションで得たPKでコカ・コーラが3点を先制。
 お互いキックを中心とした堅い試合運びの中、NECは縦突進、展開、ディフェンス裏へのキックを上手く使いコカ・コーラ陣内で試合を進めるも、コカ・コーラの粘り強いディフェンスにミスが出て取りきれない。
 NECがPGを返して同点で迎えた前半31分、ここまで多用してきた裏へのキックが功を奏す。10番・田村優からのキックをウィングがキープ。その後の展開でも田村からのキックを、11番・後藤輝也がキャッチしトライ。ゴールも決まり3-10とNECがリードする。
 コカ・コーラはボールを大きく動かして突破口を見出したいが、NECのプレッシャーでミスを多発し、効果的なアタックができなかった。
 前半39分、コカ・コーラ22m付近でのNECのBK展開に、プレッシャーをかけてミスを誘いターンオーバー。3分間に渡りボールを展開しスタンドが沸くも、ターンオーバーを許しNECリードで前半終了。

 後半7分、コカ・コーラはキックミスから10mオフサイドを犯し、NECはクイックで再開してゲイン。コカ・コーラはたまらずオフサイドとPKを続けて取られ、自陣に釘付けとなる。最後は後半10分、ゴール前ラックサイドにNECの7番・村田毅がアングルを付けて突破を計り、コカ・コーラが対応しきれずトライを許す。
 後半19分にもNECが左タッチライン際を上手くつなぎビッグゲイン、右、左と展開し最後は15番・吉廣広征がトライし突き放す。
 後半24分、コカ・コーラがNEC陣内へアタックし、ラックからSHが動きショートパスをするも、相手に渡り逆にビッグゲインを許す。コカ・コーラ22m付近ラックから、NECが裏へのキック。11番・後藤輝也の胸にすっぽりと入りトライかと思われたが、TMOによりノックオンの判定、追加点ならず。
 しかし後半27分、コカ・コーラのオフサイドから、NECはモールで18番・土井貴弘が試合を決定づけるトライをあげる。
 その後はお互いチャンスを作るも、ミス、ターンオーバーで得点に結びつけることができない。
 後半40分、NECはコカ・コーラ22m付近で右に展開するが、コカ・コーラがプレッシャーをかけパスミス。ターンオーバーしてビッグゲインし、ラックから右展開をしてゴール直前まで迫る。しかしカバーディフェンスに捕まり、ボールを内に返すが、NECがボールに触りタッチに出る。コカ・コーラはクイックで再開しインゴールにグラウディング。レフリーもトライの笛を吹きこの試合初トライと思われたが、タッチとほぼ同時にノーサイドのホーンが鳴っていたためTMO判定に。その結果、ボールがタッチに出る前にホーンが鳴っていたため、クイックは認められずそのままノーサイドとなった。
 NECは貴重な5ポイントを上げ入替戦回避に大きく前進、コカ・コーラは入替戦対象の13位以下が確定となった。

 マン・オブ・ザ・マッチはNECの瀧澤直選手が受賞した。


コカ・コーラレッドスパークス NECグリーンロケッツ
前半 後半   前半 後半
0 0 T 1 3
0 0 G 1 1
1 0 PG 1 0
0 0 DG 0 0
3 0 10 17
3 合計 27
反則
3 4 PK 2 3
0 0 FK 0 0
7 合計 5

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

コカ・コーラ

コカ・コーラレッドスパークス
〔監督〕臼井章広
 「本日は寒い中、地元福岡の多くの皆さん、また我々コカ・コーラグループの社員の皆さんに多く来て頂き、本当にありがとうございました。」
 試合については序盤、いい入りができたと思ったが、徐々に風の影響もありエリアを取られて厳しい展開になってきた。後半になって我々がしっかりともう一度攻めようとしたが、いくつかミスが起きた中でディフェンスが崩れてしまった。
 残念ながら負けてしまい、申し訳なく思っている。ただ、あと2試合あるので、必ず2試合勝って、トップリーグに残留できるように頑張っていきたい。

〔主将〕山下昂大
 今日は年内最後の試合、またホーム開催という事で選手としてもすごく気持ちの高ぶりを感じながら試合を行う事ができた。ただ、結果としてノートライであり、そこが一番の課題なのかと思う。
 自陣アタックでミスが多く、相手にとって有利なアタックとなった。ラグビーという陣取り合戦のシンプルな構図が今日の試合に現れた。もちろんディフェンスの整備も課題だが、今シーズンアタッキングラグビーを掲げた中でのノートライ。そこをしっかりと受け止めて、残り2試合全力でぶつかっていきたいと思う。 

「ミスが多かったが?」
山下: 個人スキルに尽きる。それを無くすために、ミスが多い選手は早く準備をする、早くコミュニケーションを取るといった、ミスをしない予防策と言うものが不足していた。
「スクラムは良かったと思うが、スクラムの優位性を活かせなかったのは?」
山下: 結果的に押し込んでボールが出るという形にはなったが、安定性が欠けていたと思う。相手もあることであり、なかなかしっかりと真っすぐと押し切って球を出す、もしくはそれでペナルティを得るに至らなかったというのは、優位性を活かせなかったということだ。
キープ率は高いし、スクラムは武器かなと思っているので、もう1ステップ上のスクラムを組める準備をしておかないといけない。そこは次回の課題かと思っている。
「自力での残留が厳しくなり、入替戦を勝たないといけない状況、そこを見据えたうえでの次節からの戦いについては?」
他チームの今日の状況は分からないが、豊田自動織機が上にいて、Hondaが下にいるという状況。
Hondaとは対戦が終わっており、次節の豊田自動織機にまず勝ってポイントを上げるというのが絶対条件と思っている。アタックのチームと言いながら今回点が取れなかったというのは、私自身もコーチ陣としても、もう一度検証する必要があると思っている。いいゲームの時は、ディフェンスの時間が短い。アタックの時間が長い。そういうゲーム構成に持ち込んでいかないといけないと思っている。

 


NEC

NECグリーンロケッツ
〔ヘッドコーチ〕ピーター・ラッセル
 完璧な試合ではなかったが、ポイントもとれて良かった部分もあった。自分自身の首を絞めてしまいハードにしてしまった。
 コーラさんの展開ラグビーに対し、我々もいいディフェンスができた。特に最後のトライになるシーンでジョーダン・ペインがウイングを止めたという素晴らしいプレーもあった。
 今回の勝利を祝って自信につなげ、これから年末年始のブレイクに入る。5ポイント取れたという事は自信になると思うし、Honda戦に向かって準備をしていきたい。

〔主将〕瀧澤 直
 すごくいい環境のスタジアムで試合ができたことに嬉しく思うし、学生も多く、すごく多くの方に見て頂いたしとても感謝している。
 ゲームは自分たちのミスで相手に流れを渡した部分も多いし、相手からのプレッシャーでうちがミスしてしまったステージも多かった。それも自分たちの実力だ。それをそのままにせず、最後のジョーダン・ペインのプレーもそうだが、最初の3分でのペナルティに抑え乗り切ったというのは、悪い中にもすごくいいプレーだったと思う。どんな内容でも5ポイント取ったのは嬉しく思うし、一番は難しいゲームでコーラさんと良いゲームができたのは誇りに思いたい。 

 

「支配率は高かったが、なかなかトライを取り切れなかったのは?」
ラッセル: 前半に関しては無理に回しすぎた。コーラさんの広がるディフェンスもあり、ディフェンスをひきつけるような近場のアタックをする必要があったが、そうせずに横に振りすぎていた部分もあったので、ハーフタイムでしっかり指示をして、取り決めをしっかりやっていこうとしていた。
「ここまで5勝7敗1分。その結果については?」
ラッセル: シーズン当初掲げていた目標は、できるだけ多くの試合に勝つことであった。開幕戦のリコー戦に勝てていれば、もっと楽にできた。選手たちは自信を取り戻してきており、エキサイティングなラグビーができていると思う。
瀧澤: 難しいが、13勝0敗だったら最高だとは思う。春の段階で、多くの試合に勝つという事は確かに漠然としていると思うが、とにかく目の前の試合をしっかりやっていこうとしていた。
シーズン深まった中で、現実的には順位とか入替戦とかは意識していないとは言えない。どの試合が勝てて、どの試合が負けるとかはもちろんなく、目の前の試合を全力で準備し、しっかり反省して次につなげてという事を繰り返しをしてきた。目の前の1試合、1試合を全力で取り組んできた結果であると思うし、5勝は価値のあるものだと思う。もちろん7回負けているが、胸を張っていい成績だと思う。

  


写真 写真
写真 写真
写真 写真
写真 写真
写真 写真
写真 写真