ホーム>トップリーグ>平成28年度>トップリーグ第15節〔1月14日〕/コカ・コーラvsリコー/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ第15節〔1月14日〕/コカ・コーラvsリコー/試合レポート

TOP LEAGUE
コカ・コーラレッドスパークス
コカ・コーラレッドスパークス 
 vs  リコーブラックラムズ
 リコー
     

平成29年1月14日(土) 天候:くもり レベルファイブスタジアム【福岡】

●14:00キックオフ
 コカ・コーラレッドスパークス   vs  リコーブラックラムズ

リコー 逆転勝利
チーム史上最高の6位でリーグ戦終了

写真
 【マン・オブ・ザ・マッチ】
  リコーブラックラムズ:松橋周平

 前半、コカ・コーラのキックオフで試合は開始された。
 4分、入替戦が確定しているコカ・コーラは敵陣22mライン左中間のラックから右へ展開し、No.10ティモシー・ラファエレが抜け出し、右中間に先制トライ。コンバージョンも成功し、地元ファンの期待は高まる。(7-0)
 10分、リコーは敵陣22mライン付近中央のラックから左に展開、No.10タマティ・エリソンがゴール前にゴロパントを転がし、No.11小松大祐が拾い上げて左隅にトライを上げ、追撃する。(7-5)
 15分、コカ・コーラは自陣10mライン付近の左中間で、リコーのパントキックをNo.11八文字雅和がキャッチ、素早く右に展開し、No.13ウイリアム・トゥポウが右中間にトライし。リードを広げる。(コンバージョン成功 14-5)
 このまま得点は動かず、前半終了。

 後半、リコーのキックオフで試合再開。
 3分、リコーは敵陣ゴール前左中間のラックから右に展開、No.5フランコ・モスタートが左中間にトライを上げ、2点差に詰め寄る。(コンバージョン成功 14-12)
 10分、リコーは敵陣ゴール前右中間のラックから左に展開、No.23アマナキ・ロトアヘアが左サイドを突いて、左中間にトライを上げついに逆転する。(コンバージョン成功 14-19)
 リコーはその後も13分、23分、31分と連続3トライを挙げるとともに、コカ・コーラの反撃を前半の2トライだけに抑え、完勝した。(14-33)

 前半滑り出しの良かったコカ・コーラだったが、後半は自力で勝るリコーがチャンスを確実にものにしてトライへ繋げていった。
 リコーは8勝目をあげ勝点5を獲得。累計勝ち点を「40」に伸ばし、チーム史上最高の「6位」でシーズンを終了した。
 コカ・コーラは3勝を挙げたものの勝ち点「17」のままで、昨年同様14位となりトップチャレンジ1の2位チームと残留をかけ、1月28(土)、レベルファイブで戦う事となった。

 マン・オブ・ザ・マッチはリコーの松橋周平選手が受賞した。


コカ・コーラレッドスパークス リコーブラックラムズ
前半 後半   前半 後半
2 0 T 1 4
2 0 G 0 4
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
14 0 5 28
14 合計 33
反則
4 5 PK 3 9
0 0 FK 1 0
9 合計 13

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

コカ・コーラ

コカ・コーラレッドスパークス
〔監督〕臼井章広
 前半の入りから自分たちのペースで試合を運び、前半をリードして折り返せたのは良かった。しかし、後半からリコーさんの本来のFWの強さが前面に出て、最初の10分でひっくり返されてしまった、その10分が全てだった。
 今シーズンの15節を振り返り、惜しい試合もあれば大味な試合もあった。このようなことを一つ一つ反省しながら、来期は強いチーム作りに繋げたい。
 私たちにはあと1試合、入れ替え戦が残っているので、先ずはその試合に向けてしっかりと準備し、トップリーグのチームに居られるように頑張って行きたい。

〔主将〕山下昂大
 前半は、しっかりと敵陣に入ってスコアをするということを意識していた。ディフェンスも自分たちのゲームプラン通りにできた。
 後半の入り10分間での失点もあったが、自分たちのペナルティ、ハイパントのキャッチミスなどコミュニケーションでどうにかなる部分でのミスが多かった。そこをしっかりと修正するのが、このような競った試合では大事。
 今日に関しては、ブレイクダウンをコントロールしきれなかったし、相手選手に対してコミットしきれなかった部分があったので、2週間後の入れ替え戦に向けて修正し、来期もトップリーグでやれるように頑張って行きたい。 

「後半、リコーのイエローカードで14人になった時に得点できなかったことについてどのように思うか?」
臼井: イエローカードが出る4~5分前、だんだんとエリアが獲れるようになってきて、敵陣に入って相手に圧力をかけたところでイエローカードが出たと思う。
しっかりと自分たちのエリアを獲っていくという戦術と、そこで相手にプレッシャーをかけていくという所までは良かったと思う。ただイエローカードが出た後に自分たちのサポートが遅れたり、ペナルティからクイックで一人で行ってしまうなど、行くことは悪くないがサポートが付いた上で行くなど、チームとしての統率ができていなかった。
私たちはトライを獲るチャンスは幾つもあったが、リコーのブレイクダウンの激しさに私たちが崩されてしまった。

 


リコー

リコーブラックラムズ
〔監督〕神鳥裕之
 今日は最終戦ということで、何としても勝って6位という順位にこだわり、最高位を獲るというモチベーションで臨んだが、前半は相手の素晴らしい気迫と精度の高いアタックで、受けに回るシチュエーションを作ってしまった。
 そういった苦しい展開の中でも、後半はしっかりと自分たちのラグビーができたところは、この1年間の選手たちの成長である。
 昨シーズンの入れ替え戦で悔しい思いをし、今シーズンに臨んだこの6位という成績は、成長した選手たちを讃えて、次のシーズンに向けて頑張って行きたい。

〔ゲームキャプテン〕武者大輔
 今日勝ったことと過去最高位の6位を素直に喜びたいが、シーズン最後を締めくくるゲームとしては、内容に課題が残るものであった。
 最高位にはなったが、更に上を目指して来年も頑張って行きたい。

 

「ディフェンスが昨年に比べて良くなった要因は?」
神鳥: もともと、チームを作り始めたところでディフェンスは大事にしていた部分だったが、昨年は機能しなかった。
今年は、ヘッドコーチ(ダミアン・ヒル)がディフェンスを選手たちに指導してくれ、また選手たちもそのメッセージに対してしっかりと実行してくれた。フォーカスをシンプルに絞ってスピードを上げる、低くタックルに入ることなど、シンプルではあるが昨年はなかなか実行できなかったことが、今年はコーチと選手のコミュニケーションを深めることができた。
「トップチームでいえば神戸製鋼と際どい試合もあったが、来期上位チームとどう対戦していくのか?」
神鳥: ディフェンスはもっと追究していきたい部分で、精度を上げてトップチームでもゲームが作れる失点の少ないチームを作りたい。今シーズン後半はセットプレイが良くなってきたので、この辺りのフェーズをもう1段階上げて武器にできるような闘い方で、トップチームに挑んで行きたい。
「一番成長した選手は?」
神鳥: 全員と言いたい。みんな良くやってくれた。ここに居る武者(ゲームキャプテン)もしっかりしてきたし、BKなら牧田などもチームをリードできるような選手に育ってくれた。あとは新人の松橋であったり濱野であったり、こういった若い力、新しい力が加わりチームとして良くなってきたし、この4人以外にも沢山居る。
「選手として、ディフェンスにどのようにフォーカスして今シーズン良くなったのか?」
武者: ひとりひとりとのコミュニケーション、隣とのしっかりとした繋がりを意識して、一人だけ飛び出したりしない、といったチーム内のルールを守るということができたのではないかと思う。
昨年は抜かれてボロボロであったが、今年は抜かれた後にしっかり前を見ながら横との連携をできるようになった。まだまだ改善していきたい。

 


写真 写真
写真 写真
写真 写真
写真 写真
写真 写真