ホーム>トップリーグ>トップリーグ第8節〔10月27日〕/九州電力vsNTTドコモ/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ第8節〔10月27日〕/九州電力vsNTTドコモ/試合レポート

九州電力キューデンヴォルテクス

vs  NTTドコモレッドハリケーズ
 NTTドコモ

 

九州電力 地元で今季初白星
3年越しの勝利

平成24年10月27日(土) 天候:くもり レベルファイブスタジアム【福岡】

●12:00キックオフ
  九州電力キューデンヴォルテクスvsNTTドコモレッドハリケーンズ

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】九州電力キューデンヴォルテクス:松本允

 両チームともに今季初勝利を狙う大事な試合。応援団も試合前から気合の入った応援でチームの勝利を願う。朝から降り続いていた雨はキックオフの時点では止み、グラウンドコンディションも整った。

 試合開始キックオフ後、しばらくは両チームともキックを中心とした組立てで、地域を取りながら相手の出方を見ていた。
 前半6分、九州電力は相手陣22m右のスクラムからBK展開、CTBの縦への走り込みでディフェンスラインを突破、ゴールラインに迫るとボールをキープしてFWサイド攻撃を繰り返し、ついにLO浦がゴールラインを超え待望の先制点を奪う。(7-0)
 NTTドコモはWTB平瀬のターンオーバータックルやSO伊藤の巧みなキックで再三ゴール前でのラインアウトのチャンスを得るが、パスミスでトライが奪えない。
 前半終了間際、キックの応酬となるとNTTドコモのミスキックをNo.8のルアマヌがキャッチし中央突破、その後テンポ良く左に展開しCTB黒木からリターンパスを受けたFL松本がトライし貴重な追加点をあげ、12-0で前半終了。

 後半になるとNTTドコモの反撃が始まる。1分過ぎ、ハイパントをキャッチしたFBムリアイナがFKとしたのち、自ら走って大きく前進。さらにLOチャップマンのオフロードパスで相手陣左タッチライン際を走る。ラックとなった後、SH秦のパスミスしたボールが転がると九州電力ディフェンスラインのタイミングが一瞬狂った。そのボールを拾ったFBムリアイナがギャップをつきそのままトライまで持っていく。(12-7)
 その後、NTTドコモSO伊藤がキックでエリアを取りにいけば、九州電力FB荒牧がロングキックでエリアを戻す。FBムリアイナが個人技で突破を試みれば、九州電力は2人、3人がかりで必死にタックル、と一進一退の攻防が続いた。
 その均衡が破れたのは22分、NTTドコモはハーフウェイ付近スクラムからSH秦が左サイドを抜ける。その内側にサポートしたWTB渡辺が50mを独走しトライ。逆転に成功する。(12-14)
 さらにPGを決め12-17とNTTドコモがリードを広げるが、九州電力は諦めない。
敵陣22m付近で得たPKから速攻を仕掛け、FWサイドアタックを繰り返し、最後は途中出場の小原がトライ。再逆転とした。(19-17)
 試合終了間際までNTTドコモも得点チャンスがあったがミスを犯し、そのままノーサイド。スタジアムは九州電力の初勝利を喜ぶ歓声で湧き上がった。

 どちらもリスクを少ない固いゲームプランとなったが、地元の声援に後押しされた九州電力の勝利への執念が勝り逃げ切った形となった。


 

九州電力キューデンヴォルテクス NTTドコモレッドハリケーンズ
前半 後半   前半 後半
2 1 T 0 2
1 1 G 0 2
0 0 PG 0 1
0 0 DG 0 0
12 7 0 17
19 合計 17 
反則
3 3 PK 1 4
3 1 FK 1 0
10 合計 6

 


詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

写真

●NTTドコモレッドハリケーンズ
〔監督〕高野一成
 沢山のファンの中で勝ちたかったが、前半の失点、後半のエンジンのかかりが遅く、九州電力の勢いに負けた。
 (全敗となったが)リセットして立て直していきたい。しっかり準備を行い次節のサントリー戦に向かう。

〔主将〕平瀬隆志
 アウェーにもかかわらず沢山のファンに来て頂き感謝している。チャレンジ精神で次節を迎えたい。

  「何度もゴール前で押し込んでいたが、取れなかった要因は?」
 高野: ミスもあったが、九州電力のディフェン力に負けた。
「(前節の)神戸製鋼戦で4トライ取り上昇傾向にあったと思うが、チーム状況はどうか?」
 高野: チームの状況は一時期より上向いていたが。今日は九州電力のディフェンスが我々を上回っていた。
   
写真

●九州電力キューデンヴォルテクス
〔監督〕平田輝志
 私が監督となって初めてのトップリーグ勝利。素直に嬉しい。長い遠征が終わり、ホームに帰りこの一週間、メンタル的にもフィジカル的にもいい準備ができた。NTTドコモに勝つにはゴール前のディフェンスが最重要事項だと思って取り組んできた。選手はよくやった。最後まで気持ちを切らさずアグレッシブに戦えたのが勝因。後半戦に向けては、ウィンドウマンスの間に修正点を確認し、しっかり対応していきたい。  


〔主将/マン・オブ・ザ・マッチ〕松本 允
 勝ちきれない中で惜しいゲームが続き、是が非でもNTTドコモに勝ちたい試合だった。接戦を制してうれしい。勝てて良かったが、NTTドコモのミスに助けられた。マン・オブ・ザ・マッチはチーム全員で勝ち取ったものだと思っている。
 

  「ゴール前でよく粘れたが、逆転された時にはどのような指示をしたか?」
 松本: FWに対し下を向かず、続けろと声をかけた。逆転されてもまだ10分以上あり、あせることなく自分たちのラグビーをすることに徹するよう指示した。
「ルアマヌの起用については?」
 平田: 前半勝負と踏んでいたので先発させたが、後半セットプレー安定を目的にクリスジャックを投入した。
「いい準備ができたとは?」
 平田: NTTドコモはあたりが強く、ゴール前でも今日のような攻めをしてくると予想していたので、ゴール前のディフェンスに注力していた。

写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真