ホーム>トップリーグ>トップリーグ トップチャレンジシリーズ
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

  • トップリーグ
  • トップチャレンジリーグ
  • 九州リーグ
  • 日本代表

トップリーグ トップチャレンジシリーズ

トップリーグの仕組み(2012-2013シーズン)

トップリーグの仕組み

昇格/入替戦

※2013-2014シリーズより、トップリーグ参加チーム数が16チームとなるため、来シーズンのトップリーグチームの自動降格チームはありません。
※2013-2014シリーズ以降の昇格/降格/入替戦については、今シーズンとは異なります。
【昇格】 トップイーストディビジョン1/トップウエストA/トップキュウシュウAのそれぞれ1位のチームとトップチャレンジ2(各下部リーグ2位の総当たり戦)の1位のチーム(計4チーム)は、総当たりで「トップチャレンジシリーズ1」を行い、上位2チームがトップリーグ自動昇格となる。
【入替戦】 トップリーグの最終順位が13位と14位のチームは、「トップチャレンジ1」の3、4位チームと入替戦を行う。
(1)トップリーグ14位×トップチャレンジ1の3位
(2)トップリーグ13位×トップチャレンジ1の4位
※入替戦で同点の場合には、トップリーグ所属チームがトップリーグ残留となる。

トップチャレンジシリーズ

トップチャレンジ2

  日付 キックオフ 対戦 会場
第1節 12月9日(日) 13:00 Honda
(トップウエスト2位)
9-18 三菱重工相模原
(トップイースト2位)
神戸総合運動公園ユニバー記念競技場
第2節 12月16日(日) 13:00 マツダ
(トップキュウシュウ2位)
7-33 Honda
(トップウエスト2位)
コカ・コーラウエスト広島スタジアム
第3節 12月24日(月) 13:00 三菱重工相模原
(トップイースト2位)
81-7 マツダ
(トップキュウシュウ2位)
秩父宮ラグビー場

トップチャレンジ1

  日付 キックオフ 対戦 会場
第1節 1月5日(土) 12:00 豊田自動織機
(トップウエスト1位)
26-16 三菱重工相模原
(トップチャレンジ2-1位)
秩父宮ラグビー場
14:00 クボタ
(トップイースト1位)
31-37 コカ・コーラウエスト
(トップキュウシュウ1位)
第2節 1月12日(土) 12:00 コカ・コーラウエスト
(トップキュウシュウ1位)
26-22 三菱重工相模原
(トップチャレンジ2-1位)
近鉄花園ラグビー場
14:00 豊田自動織機
(トップウエスト1位)
30-32 クボタ
(トップイースト1位)
第3節 1月20日(日) 12:00 クボタ
(トップイースト1位)
40-17 三菱重工相模原
(トップチャレンジ2-1位)
レベルファイブスタジアム
14:00 コカ・コーラウエスト
(トップキュウシュウ1位) 
73-49 豊田自動織機
(トップウエスト1位)

トップチャレンジ1 星取表

(第2節終了時点)

 

コカ・コーラウエスト クボタ 豊田自動織機 三菱重工相模原 勝点 順位
 スコア T数 勝点 スコア T数 勝点 スコア T数 勝点 スコア T数 勝点
コカ・コーラウエスト ○37-31 4 5  ○73-49 11 5 ○26-22 4 5 3 0 0 15 1
クボタ ●31-37 3 1 ○32-30 4 5 ○40-17 6 5 2 1 0 11 2
豊田自動織機 ●49-73 7 1 ●30-32 3 1 ○26-16 2 4  1 2 0 6 3
三菱重工相模原 ●22-26 3 1 ●17-40 3 0 ●16-26 1 0 0 3 0 1 4

全試合終了時点で勝点が同じ場合、次の各号の順序により順位を決定する。
(1) 全試合の得失点差の多いチームから上位とする。
(2)当該チーム同士の試合で、勝点の多いチームを上位とする。
(3)当該チーム同士の得失点差の多いチームから上位とする。
(4)全試合のトライ数が多いチームを上位とする。
(5)全試合のトライ後のゴール数が多いチームを上位とする。
(6)当該チームで抽選。