ホーム>トップリーグ>トップリーグ第12節〔12月23日〕/福岡サニックスvsNTTドコモ/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ第12節〔12月23日〕/福岡サニックスvsNTTドコモ/試合レポート

福岡サニックスブルース
福岡サニックス
vs  NTTドコモレッドハリケーズ
 NTTドコモ

NTTドコモ悲願の初勝利!

平成24年12月23日(日・祝) 天候:晴れ 鴨池陸上競技場【鹿児島】

●12:00キックオフ
  福岡サニックスブルース vs NTTドコモレッドハリケーンズ

 クリスマスイブを明日に控えた鹿児島県立鴨池陸上競技場。よく晴れているが、グランドのタッチフラッグのはためき方から、かなりの風が吹いていることがわかる。九州を本拠地とする福岡サニックスと、ここまで勝ち星のないNTTドコモが、プライドと生き残りをかけて激突した。

 キックオフは福岡サニックス。NTTドコモは風上を陣取る。
 4分、ノットロールアウェイの反則からのPGを、福岡サニックス10番田代が相手陣10mライン付近から成功させる(3-0)。対するNTTドコモもパスを左右に散らしグランドをワイドに使い攻撃。
 10分、NTTドコモ10番ガードが、ゴール前ラックよりパスを受けゴール中間付近にトライ。ゴールも成功させる。(3-7)。
 続く14分にもNTTドコモにトライが生まれる。自陣ゴール前の相手ボールのラックから、ターンオーバーしたボールを、15番沼田がゴールに持ち込んだ。ゴールも決め(3-14)とする。
 17分には、福岡サニックス10番田代がPGを成功させ得点する(6-14)。
 風上のアドバンテージを活かし、NTTドコモが相手陣地に入っての攻撃が続く。さらに29分には反則の繰り返しにより、福岡サニックスのFWの中心として働いていたソーンにイエローカードが出され、シンビンにより10分間の退場。その直後32分、NTTドコモ4番吉岡がトライを上げ、ゴールを確実に決め(6-21)とする。

 後半、陣地を入れ替わり、試合再開。5分、NTTドコモボールのセンタースクラムから、見事にパスをつなぎ、NTTドコモ10番ガードが中央付近にトライ、ゴールも自ら決め(6-26)とする。
 しかし、16分には福岡サニックスも14番濱里耕平がトライ返し、ゴールも成功させ得点する(13-28)。
 だが、福岡サニックスの反撃もここまで。23分と37分にNTTドコモがトライとゴールを決め得点し、福岡サニックスを突き離し、うれしい今季初勝利を飾った(6-42)。

 マンオブザマッチは、コンバージョンを全て成功させた10番ガードが受賞した。


 

福岡サニックスブルース NTTドコモレッドハリケーンズ
前半 後半   前半 後半
0 1 T 3 3
0 1 G 3 3
2 0 PG 0 0
0 0 DG 0 1
6 7 21 21
13 合計 42 
反則
7 3 PK 7 11
0 0 FK 1 1
10 合計 20

 


詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

福岡サニックス

●福岡サニックスブルース
〔監督〕藤井雄一郎
 結果は見てのとおり。勝てなかった責任は監督の責任でもあるので、責任を痛感している。

〔ゲームキャプテン〕杉浦敬宏
 今日のゲームはデイフェンスでも受けた場面が多かった。アタックも相手の力が上だった。入替戦が確定したが、次節の試合は絶対に勝ちたい。

 


●NTTドコモレッドハリケーンズ
〔ヘッドコーチ〕高野一成

 ここまで長かったが、ここ鹿児島の多くのファンの前で勝利でき、チーム全員で喜んでいる。12節で勝利がないと最下位が決定してしまうので、何としても勝利して順位を上げたかった。頑張ってくれた選手には感謝したい。ファンの後押しで勝利できたと思っている。次節トヨタ自動車戦にはレベルを上げて臨み、絶対にトップリーグに残ることを誓いたい。  

〔主将〕平瀬健志
 鹿児島に九州各地からNTTドコモの応援に多くの方が集まり、感謝している。最終節にも勝利を上げたい。

  「今日の試合の勝因はどこか?」
 高野: 今までの試合以上にひとりひとりの役割が明確になっていた。
平瀬: 福岡サニックスの攻撃に対し、よくリアクションが出来ていた。トライも(今シーズンチーム)最多の6トライ取れ、自信になった。

写真 写真 写真