ホーム>トップリーグ>トップリーグ1stステージ第2節〔9月7日〕/コカ・コーラウエストvs東芝/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ1stステージ第2節〔9月7日〕/コカ・コーラウエストvs東芝/試合レポート

コカ・コーラウエストレッドスパークス
コカ・コーラウエスト

vs  東芝ブレイブルーパス
 東芝

東芝、個々の力で圧倒し完勝

平成25年9月7日(土) 天候:くもり レベルファイブスタジアム【福岡】

●17:00キックオフ
  コカ・コーラウエストレッドスパークスvs東芝ブレイブルーパス

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】東芝ブレイブルーパス:増田慶介

 小雨が降り蒸し暑い福岡レベルファイブスタジアムで、トップリーグ第2節、コカ・コーラウエストvs東芝の試合が行われた。
 前節、互いに勝ち点を上げているが、本来の力を出し切っていない東芝と、終了間際に同点とされたコカ・コーラウエストが、どのような戦い方をするのか楽しみな一戦。

 東芝のキックオフでゲームスタート。これをコカ・コーラウエストがいきなりノックオン。コカ・コーラウエストに嫌なムードが漂う。
 その予感が的中、1分コカ・コーラウエスト陣22m付近東芝スクラムから右へ展開し、昨年の大怪我から復活したNo.11豊島が先制トライ。簡単に得点されてしまう。
 更に5分、ヒルのパントを佐賀工業高校出身のベテラン立川がコカ・コーラウエストの選手との競り合いを制し、左隅で押さえ得点、0-12とされる。
 その後もディフェンスの甘さ、セットプレーで圧倒され16、25、29分に東芝がトライを奪い0-33の大差で前半が終了した。

 後半、コカ・コーラウエストがFW戦で挑むがミスで継続できない。
 それでも15分過ぎまでは、コカ・コーラウエストが優位に試合を進める。しかし、徐々に東芝が盛り返してくる。
 17分、本日のマン・オブ・ザ・マッチ、No.13増田がトライ。
 37分には途中出場No.22クーパが個人技でトライし0-45で試合終了。

 東芝の前へ出る力強さが印象的な一戦であった。


コカ・コーラウエストレッドスパークス 東芝ブレイブルーパス
前半 後半   前半 後半
0 0 T 5 2
0 0 G 4 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
0 0 33 12
0 合計 45
反則
5 7 PK 4 4
0 0 FK 0 1
12 合計 9

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

写真

●コカ・コーラウエストレッドスパークス
〔監督〕山口智史
 福岡でコーラらしいラグビーを見せられなかったのが残念。後半は、ディフェンスなど良い面もあった。次節は、自分たちのラグビーにこだわりいい試合をしたい。

〔主将〕豊田将万
 応援してくれた地元ファンの前で良い試合をしたかったが、東芝のプレッシャーを受けコーラのラグビーができず残念。次節は頑張りたい。

 


写真

●東芝ブレイブルーパス
〔監督〕和田賢一
 開幕戦で苦戦したが、攻守とも修正ができた。(特にディフェンス面では)。
 アタックは前半はよかったが、後半は中だるみをしたようなので、次の課題である。


〔ゲームキャプテン〕望月雄太
 開幕戦の反省もあり、とにかく攻めようと意識合わせをしていた。
東芝の原点である攻めのラグビーをすることに集中した。前半はチャンスをものにできたが後半は相手のラインアウトでのプレッシャーが特に強く、ミスが続き思うように得点できなかったので、修正する。 


写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真