ホーム>トップリーグ>トップリーグ2ndステージ第1節〔11月30日〕/九州電力vsNTTコミュニケーションズ/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ2ndステージ第1節〔11月30日〕/九州電力vsNTTコミュニケーションズ/試合レポート

九州電力キューデンヴォルテクス
九州電力
vs NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
 NTTコミュニケーションズ
      

九州電力、シーソーゲームを劇的な逆転で制し
地元で今季初白星

平成25年11月30日(土) 天候:曇り レベルファイブスタジアム【福岡】

●12:00キックオフ
  九州電力キューデンヴォルテクスvsNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】九州電力キューデンヴォルテクス:齊藤玄樹

 やや肌寒い初冬の福岡レベルファイブスタジアムで、ジャパンラグビートップリーグ Bグループ2ndステージ第1節、九州電力vsNTTコミュニケーションズの試合が行われた。
 1stステージを全敗で終えた九州電力が、どのように修正し戦うのか。また、1stステージでは九州電力に完勝しているNTTコミュニケーションズが、返り討ちにするのか。楽しみな一戦である。

 NTTコミュニケーションズのキックオフでゲームスタート。まずはキックの応酬となる。
 5分、NTTコミュニケーションズ陣でコラプシングの反則、九州電力がショットを選択し成功、3-0とする。
 その後は、NTTコミュニケーションズが優位にゲームを進め、9分にペナルティゴールを決め3-3と同点にした。
 ここからしばらく膠着状態が続く。動いたのは17分、NTTコミュニケーションズ陣ラックから九州電力が左へ展開、14番・早田が13番・黒木へ絶妙のオフロードパス。黒木が押さえてトライ、これで10-3と九州電力リード。
 しかし22分、NTTコミュニケーションズ11番・小泉が、ブラインドサイドからライン参加し、中央へ同点のトライにより10-10とシーソーゲームとなる。
 その後も、29分、36分とお互い点を取り合い、17-17で前半終了。
 九州電力のセットプレーでのミス、NTTコミュニケーションズのディフェンスの甘さが目に付いた前半であった。

 後半に入っても、交互に点の取合いとなる。18分、NTTコミュニケーションズが121Kgの巨漢ウィング・ツイランギを投入。これでペースを掴み35分、九州電力ゴール前ラックから途中出場の17番・秋葉がトライで31-36とリードし、NTTコミュニケーションズの勝利が決まったかと思わせる。
 しかし、地元で初勝利を目指す九州電力意地を見せる。38分、NTTコミュニケーションズのタッチキックミスから九州電力が攻撃。NTTコミュニケーションズ陣ゴール前ラックから左へ展開し、残り4分で出場した22番・荒牧がトライし同点になった。そして難しい位置からのゴールを10番・齊藤が成功させたと同時にノーサイドのホーン。九州電力の劇的な逆転勝利であった。

 マンオブザマッチには、すべてのゴールキックを成功させた九州電力10番・齊藤が選ばれた。


九州電力キューデンヴォルテクス NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
前半 後半   前半 後半
2 3 T 2 3
2 3 G 2 2
1 0 PG 1 0
0 0 DG 0 0
17 21 17 19
38 合計 36
反則
2 4 PK 2 3
1 1 FK 0 0
8 合計 5

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

NTTコミュニケーションズ

●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
〔監督〕林 雅人
 初戦ということでいいスタートを切りたかった。自分達のスキルの無さで敗戦となった。これを糧にして頑張っていく。


〔バイスキャプテン〕石神 勝
 しっかり勝利して次に行きたかった。自分たちのラグビーができなかった。次の試合で、勝ちたい。

  「先手を取られた感があったが、原因は?」
 - キックのあと走れていなかったこととスキル不足。
「思い通りの試合だったか?」
 - その通りだが、成功率が低く、ゲームを支配できなかった。
「九州電力の印象は?」
 - 思い切りのいいアタックをするチーム。

九州電力

●九州電力キューデンヴォルテクス
〔監督〕平田輝志
 うれしいの一言に尽きる。勝点0でファーストステージを終えて、チーム一丸となりやったことがこの結果となった。これを維持し頑張っていく。

〔バイスキャプテン〕齊藤玄樹
 ファーストステージ全敗ということで、激しく厳しい練習を1ヶ月間やってきた結果が今日である。修正点もあるが、残り6試合、チームを信じてやっていきたい。

  「ファーストステージを終えて、改善した点は?」
 - スタイルを変えることは難しいので、ディフェンス・コンタクト・精神的タフさ、を修正した。
「ルアマヌの使い方について、前半・後半で変える指示をしていたのか?」
 - 指示はしていない。ルアマヌ自身がチームのことを考え動いている。

写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真