ホーム>トップリーグ>トップリーグ2ndステージ第3節〔12月15日〕/コカ・コーラウエストvs豊田自動織機/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ2ndステージ第3節〔12月15日〕/コカ・コーラウエストvs豊田自動織機/試合レポート

コカ・コーラウエストレッドスパークス
コカ・コーラウエスト
vs 豊田自動織機シャトルズ
豊田自動織機
     

豊田自動織機、前半の貯金を生かし2勝目!
後半コカ・コーラウエストの猛攻を凌ぎ接戦を制す

平成25年12月15日(日) 天候:晴れ 宮崎総合運動公園陸上競技場【福岡】

●13:00キックオフ
  コカ・コーラウエストレッドスパークスvs豊田自動織機シャトルズ

 宮崎では2年ぶりの開催となったトップリーグセカンドステージ第3節は、快晴の宮崎総合運動公園陸上競技場で行なわれた。
 両チームともにややミスが目立つゲームとなったが、FWの圧力と激しいディフェンスの豊田自動織機、コカ・コーラウエストはテンポとスピードのある展開力と、ともに持ち味を発揮。
 結果的に、前半の貯金を生かした豊田自動織機が、1トライ差の接戦を制した。

 前半、先手を取ったのは豊田自動織機。キックオフからFWがコカ・コーラウエストに圧力をかけ敵陣でPKを得ると、3分、22mライン右ラインアウトからFWで押し込み左PR浪岡祐貴がインゴールに飛び込んだ。スクラム、接点で圧倒しさらに7分、15分と同じパターンでトライを奪い21-0と突き放す。
 FW戦で劣勢のコカ・コーラウエストは17分、相手ゴール前でHO有田隆平が出足鋭くキックチャージ。ボールを競り取って左CTBエリオタ・サポルが反撃のトライ。33分には豊田自動織機にトライを許したが、以降はボールを大きく動かし始め、終了間際に相手陣深く攻め込み、ラインアウトからFWが押し込んで14点差と食らいついた。

 後半、コカ・コーラウエストはキャプテンのLO豊田将万らを投入すると、FWのセットプレーが安定。4分に相手ゴール前ラインアウトから、FWが前進しBKに展開。FB原留大祐が鋭いステップで、ディフェンスをかわしトライ。19-26と迫った。
 以降、コカ・コーラウエストは攻撃もスピードに乗ってパスに走りこみ、ワイドに展開する本来のスタイルを取り戻す。
 18分過ぎ、コカ・コーラウエストの左WTB江藤大和が自陣ゴール前から一気に相陣に攻め込むと、FWがしっかりボールを確保し、最後は江藤が左隅に飛び込み24-29。
 1トライで同点、ゴールも決まれば逆転と、コカ・コーラウエストが勝利を射程内に捉え勢いづく。
 20分過ぎからは見応えのある攻防。コカ・コーラウエストはワイドに展開しディフェンスのギャップを突くが、豊田自動織機も鋭い出足としつこいバッキングアップで死守。最後は、ゴール前で相手ボールスクラムをしのいだ豊田自動織機が勝利を手繰り寄せた。

 マンオブザマッチは、この日2トライを挙げ勝利に貢献した、豊田自動織機の浪岡祐貴が選出された。


コカ・コーラウエストレッドスパークス 豊田自動織機シャトルズ
前半 後半   前半 後半
2 2 T 4 0
1 1 G 3 0
0 0 PG 0 1
0 0 DG 0 0
12 12 26 3
24 合計 29
反則
6 5 PK 6 7
0 0 FK 0 0
11 合計 13

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

コカ・コーラウエスト

●コカ・コーラウエストレッドスパークス
〔監督〕山口智史
 素晴らしいグラウンドで試合ができたことに感謝したい。ゲームでは準備したスキルを発揮できず、チームとしての未熟さ(を感じた。)、相手に強みを出させてしまった事が敗因。次節以降フィジカルが強い相手にどう対応するかが課題。
 宮崎出身のPR西浦達吉、SH香月武、WTB松岡元気の3選手は地元という事もあり良く頑張ってくれたので、地元ファンの方も喜んでいただけたのではないかと思う。

〔主将〕豊田将万
 立ち上がりに相手の攻撃をFWが受けてしまったのが全て。体が小さいチームが体を張ることができなかった。まだ強い相手が続く。今日のゲームを糧に成長したい。


豊田自動織機

●豊田自動織機シャトルズ
〔監督〕田村 誠
 初めての宮崎で、素晴らしい環境で試合をさせてもらった。感謝したい。
 前日に現地入りし練習も出来たので、アドバンテージはあったと思う。コーラの向井昭吾GMとは昔から張り合ってきたが、アタックが素晴らしいチーム。それなりに対策がうまくいった。


〔ゲームキャプテン〕梅田紘一
 ゲームの入りが良かった。途中で追い上げられたが、厳しいゲームに競り勝つことができた。自信になる。


写真 写真
写真 写真 写真