ホーム>トップリーグ>平成26年度>トップリーグ1stステージ第4節〔9月13日〕/コカ・コーラvsトヨタ自動車/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ1stステージ第4節〔9月13日〕/コカ・コーラvsトヨタ自動車/試合レポート

コカ・コーラレッドスパークス
コカ・コーラ
vs トヨタ自動車ヴェルブリッツ
トヨタ自動車
     

平成26年9月13日(土) 天候:晴れ ベストアメニティスタジアム【佐賀】

●19:00キックオフ
  コカ・コーラレッドスパークスvsトヨタ自動車ヴェルブリッツ

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】コカ・コーラレッドスパークス:江頭翔太

 1stステージも折り返しとなる第4節。朝夕は涼しくなり秋らしさを感じるベアスタでの、コカ・コーラとトヨタ自動車の一戦。

 コカ・コーラのキックオフで試合開始。
 開始4分、コカ・コーラは相手陣22メートル付近で得たペナルティーから、ペナルティゴールで先制。
 対するトヨタ自動車も、8分に6番・トーマスがトライ。コンバージョンは失敗したものの3-5と逆転する。
 その後は両チーム攻め込みながら素晴らしいディフェンスを見せるなか、13分にはコカ・コーラが、33分にはトヨタ自動車も相手陣ゴール前からペナルティゴールを成功。6-8とトヨタ自動車がリードした。
 35分、コカ・コーラはパスをつないで、12番・ベイトマンが右中間にトライ、コンバージョンも決まり13-8。さらに、前半終了間際にも10番・福田がペナルティゴールを決め、16-8とコカ・コーラのリードで前半が終了した。

 後半は、トヨタ自動車のキックオフで開始。
 7分、トヨタ自動車は、相手陣深い位置のラインナウトからラックを連取し、10番・文字がゴール真下へトライ。ゴールも決まり、16-15と1点差に迫る。
 さらに12分には、トヨタ自動車が相手陣5メートルのラインナウトからモールを押し込んでトライ。コンバージョンも決まり、16-22とトヨタ自動車がリードする。
 17分、トヨタ自動車はスクラムからペナルティを得て、ゴール成功。16-25と引き離しにかかる。
 19分、コカ・コーラもラインナウトからラック、早い玉出しから9番・江頭がゴール下へトライ。コンバージョンも決まり、23-25とトヨタ自動車に迫る。
 終了間際、両チームとも必死の攻撃を仕掛けるも、決め手に欠けノーサイド。両チームの必死さが伝わり、見ごたえのあるいいゲームであった。

 マン・オブ・ザ・マッチには、コカ・コーラの江頭翔太選手が選ばれた。


コカ・コーラレッドスパークス トヨタ自動車ヴェルブリッツ
前半 後半   前半 後半
1 1 T 1 2
1 1 G 0 2
3 0 PG 1 1
0 0 DG 0 0
16 7 8 17
23 合計 25
反則
4 9 PK 6 3
1 0 FK 0 1
14 合計 10

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

コカ・コーラ

●コカ・コーラウエストレッドスパークス
〔監督〕山口智史
 今日は遅い時間からのゲームにもかかわらず、すばらしい会場、多くの皆様の前でいい試合ができたことはよかったと思う。
 しかし試合の方は、最終的に点数で上回れなかったことで負けたわけだが、選手たちが春から真摯にフィジカルの向上に取り組んだ成果を、先週の神戸製鋼戦、そして今日の試合で実感し、手応えをつかんだ。
 修正すべき点としては、グラウンドの横のエリアでしっかり攻撃の方向性をみんなで共有することだと考えている。

〔主将〕豊田将万
 トヨタ自動車のように、フィジカルが強い相手との打ち合いで負けないようにしっかり対策を練ってきたが、トヨタ自動車が一枚上手だった。
 有田隆平選手がジャパンに返り咲く明るいニュースがあったが、勝ちにつなげられなくて残念だ。まだ試合は続くので、この1週間はまた次の試合への対策を練っていきたい。
 


トヨタ自動車

●トヨタ自動車ヴェルブリッツ
〔監督〕廣瀬佳司
 アウェイの雰囲気の中、コカ・コーラの意気込みに少し押され気味だったが、しっかり跳ね返して勝ってくれた。勝ち点4を確保できたことはよかった。
 選手の動きが少し遅かったように思えたが、コカ・コーラの激しいコンタクトがあったからだと思う。


〔ゲームキャプテン〕文字隆也
 コカ・コーラのフィジカルに少し押された面があって、それでも勝てたということをすごくポジティブにとらえている。
 トヨタ自動車は泥臭く、フィジカルにプレーすることをコンセプトにしているので、今日のコカ・コーラの気持ちの入ったプレーをしっかり見習って次の試合に備えたい。 


写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真