ホーム>トップリーグ>平成26年度>トップリーグ2ndステージ第5節〔12月28日〕/コカ・コーラvs豊田自動織機/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ2ndステージ第5節〔12月28日〕/コカ・コーラvs豊田自動織機/試合レポート

コカ・コーラレッドスパークス
コカ・コーラ
vs 豊田自動織機シャトルズ
豊田自動織機
     

コカ・コーラ、6トライを奪い
豊田自動織機を3トライに抑え完勝

平成26年12月28日(日) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●14:00キックオフ
  コカ・コーラレッドスパークス vs 豊田自動織機シャトルズ

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】コカ・コーラレッドスパークス:豊田将万

 コカ・コーラvs豊田自動織機の試合は、コカ・コーラのキックオフで始まった。
 試合開始からしばらくは、出足の早い堅実なディフェンスと細かなミスの応酬で攻守が入れ替わる状態が続く。
 前半16分、コカ・コーラは自陣10m付近ラインアウトから9番・香月が抜けだし、フォローするBKで左展開して最後は11番・小柳が左中間へ先制トライ(G失敗:5-0)。
 このまま波に乗りたいコカ・コーラは前半21分、敵陣中央ラックから5番・豊田がボールを拾いそのまま中央へ飛び込み連続トライを奪う。(G成功:12-0)
 コカ・コーラはその後も2トライを奪い、前半だけで4トライを挙げた。
 この試合を落とせば、ワイルドカード進出の可能性がなくなる豊田自動織機は前半30分、敵陣ゴール前まで攻め込み中央ラックから左展開、11番・松井がラストパスを受け左中間へトライし追撃するも、前半はコカ・コーラの堅いディフェンスに1トライに抑えられる。

 後半もコカ・コーラの勢いは衰えず、積極的に展開が続く。
 開始早々の3分、敵陣ゴール前左端まで攻め込み右へ展開、12番・エリオタ・サポルが中央へトライ(G成功:34-5)しリードを広げるとその後も1トライを奪いこの日6トライを奪う猛攻を見せた。
 降格回避をしたい豊田自動織機はボーナスポイントでも欲しいところであったが、後半の反撃を2トライに抑えられ、勝ち点「0」でノーサイドとなり総勝ち点は「7」のままで終了。厳しい状況が続く。

 マン・オブ・ザ・マッチは、コカ・コーラの豊田将万が選ばれた。


コカ・コーラレッドスパークス 豊田自動織機シャトルズ
前半 後半   前半 後半
4 2 T 1 2
2 1 G 0 1
1 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
27 12 5 12
39 合計 17
反則
3 4 PK 1 2
0 3 FK 0 0
16 合計 3

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

豊田自動織機

●豊田自動織機シャトルズ
〔ヘッドコーチ〕丹生雅也
 宗像サニックス戦に続き勝ちに行ったが、コーラの勢いにやられてしまった。コカ・コーラは勢いがあるので、最初にうちが畳みかけたかったが逆にやられてしまった。
 前半がキーポイントだった。


〔主将〕梅田紘一
 見ての通り、終始コカ・コーラのペースで試合が進んでしまった。後半の最後のほうでうちらしさが出たが、遅すぎた。 


コカ・コーラ

●コカ・コーラレッドスパークス
〔監督〕山口智史
 セカンドステージで初めて、そして今年最後の試合をこの会場でやれた事、さらに結果がついてきたを嬉しく思う。
 選手たちを誇りに思える試合だった。まだ上に行けるチャンスがあるので、年明けの宗像サニックス戦からしっかり準備して頑張りたいと思う。

〔主将〕豊田将万
 セカンドステージ、3連敗だったが、この試合で2連勝できてよかった。地元や会社、ファンの前で勝ててホッとしている。次の宗像サニックス戦に向け準備し臨みたい。 

 「相手のメンバーを見ると、"誰をマ-クすればいいのか"と言うほどのメンバーだったが、何故、アタック・ディフェンスともうまく機能したのか?」
何処をマークするという事はない。今日は特にフォワードが身体を張って頑張ってくれた。
「今年のテーマにフォワードの強化があったが、それはフィジカル面かそれともスキルなのか?」
フィジカルである。もともとスキルで勝とうとは思っていない。

 


写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真