ホーム>トップリーグ>平成26年度>トップチャレンジ1第3節〔1月25日〕/三菱重工相模原vs釜石シーウェイブス/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップチャレンジ1第3節〔1月25日〕/三菱重工相模原vs釜石シーウェイブス/試合レポート

三菱重工相模原ダイナボアーズ
三菱重工相模原
  vs     釜石シーウェイブスRFC
 
         

古豪釜石
入替戦へ弾みとなる逆転勝利!

平成27年1月25日(日) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●12:00キックオフ
  三菱重工相模原ダイナボアーズvs釜石シーウェイブスRFC

 1月とは思えないほど穏やかな天候に恵まれたレベルファイブスタジアムで、トップチャレンジ1、三菱重工相模原(トップイースト)vs釜石シーウェイブスRFC(トップイースト)の試合が行われた。
 今シリーズいまだ勝ち星のない釜石シーウェイブスが、三菱重工相模原相手にどう戦うのか楽しみな一戦である。

 三菱重工相模原のキックオフでゲームスタート。序盤は、お互い手の内を知っているためか一進一退の慎重な攻防が続く。
 先制は釜石シーウェイブス。敵陣10mほぼ中央のPGを10番・井上が慎重に決めた。(0-3)
 しかし11分、三菱重工相模原はラインアウトからモールを押し込み逆転(G失敗 5-3)。
 更に三菱重工相模原は20分、23分と連続トライを奪い19-3と大きくリードする。
 これでワンサイドとなるかと思われたが、26分、釜石シーウェイブスは途中出場の22番・タフィアイバハがゴール前ラックから絶妙のタイミングで抜け出しトライ。34分には6番・千布と連続トライをあげ、2点差に迫り前半が終了した。(17-19)
 三菱重工相模原の12番・テビタの攻守にわたる体を張ったプレー、対する釜石シーウェイブスはベテラン15番・沼田の落ちついたプレーが印象的な前半であった。

 後半、ペースをつかんだのは釜石シーウェイブス。ボールを継続して動かし前へ出る。そして15分、三菱重工相模原のペナルティに対しスクラムを選択、押し込んで左サイドをついてトライを決め、ついに逆転する。(19-22)
 その後、釜石シーウェイブスがシンビンで1人少ない時間帯となり、三菱重工相模原の猛攻が始まる。なかなか釜石シーウェイブスのディフェンスを破れずにいたが、31分、テビタがゴールを割り再逆転に成功。(26-22)
 これで勝負ありと思われたが、初勝利に執念を燃やす釜石シーウェイブスは36分にタフィアイバハがトライを奪い再逆転(26-27)。
 釜石シーウェイブスは終了間際の劇的な逆転でトップチャレンジ初勝利となり、入替戦に向け弾みとなる試合となった。


三菱重工相模原ダイナボアーズ 釜石シーウェイブスRFC
前半 後半   前半 後半
3 1 T 2 2
2 1 G 2 0
0 0 PG 1 0
0 0 DG 0 0
19 7 17 10
26 合計 27
反則
3 3 PK 3 7
0 0 FK 0 0
6 合計 10

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

三菱重工相模原

●三菱重工相模原ダイナボアーズ
〔監督〕高岩映善
 遠くまで応援に来て頂いたにも関わらず、ふがいない試合をしてしまった。すべて私の責任。あともう1試合、入替戦があるのでチームを一つにして頑張りたい。

〔主将〕安藤栄次
 相模原からたくさんの応援に来てもらったが、結果を出せずに残念だった。 

 「敗因は?」
       リズムを作れなかった。ラグビーはセットプレーからだが、それ以外にもつまらないミスが多かった。そのほか「勝ちたい気持ちの差」が出た。

釜石シーウェイブス

●釜石シーウェイブスRFC
〔ヘッドコーチ〕三浦健博
 三菱さんにはイーストリーグで勝てなかったので、特別な相手としてチャレンジして勝てた。
 選手もみんな頑張ってくれた。


〔主将〕須田康夫
 勝てたことを素直に喜びたい。順位は別にし、(今日の勝利は)自分達にとって価値ある1勝だった。
 (私は)福岡でプレーするのは初めてだったが、サポーターの皆さんは福岡まで駆けつけてくれ、非常に力になった。最後は「勝ちたい」と思い続けたことが、パフォーマンスにつながった。 

「この1週間どのようなことにフォーカスしてやってきたのか?」
      トップチャレンジ1に初参加し、Honda、九電と戦い、トップリーグ経験チームと決定力に差があると感じたので、この1週間自分たちのやってきたディフェンス(ロータックル)と継続ということをやってきた。セットプレーでいいプレッシャーをかけることができ、三菱さんのストロングポイントをなくしたことも勝因だと思う。
三菱さんは(これまで)前半強く、(本日)クロスで前半を折り返して反撃の自信をなくしたのも勝因。
「入替戦については?」
       失うものは何もない。一発勝負なのでチャンスにかけてやりたい。
まずはディフェンス、そして後は継続だが、精度をあげたい。

 


写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真