ホーム>トップリーグ>平成26年度>トップチャレンジ1第3節〔1月25日〕/九州電力vsHonda/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップチャレンジ1第3節〔1月25日〕/九州電力vsHonda/試合レポート

九州電力キューデンヴォルテクス
九州電力
vs   Honda HEAT
Honda
         

平成27年1月25日(日) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●14:00キックオフ
  九州電力キューデンヴォルテクス vs Honda HEAT

 ここまで全勝、得失点差も他チームを圧倒しており自動昇格に向けて最有力となったHondaと、三菱重工相模原に敗れ自動昇格が厳しくなったが、好調なHondaに勝利しトップリーグ昇格に一歩でも近づきたい九州電力、と興味のある対戦となった。

 Honndaの先攻でキックオフ。
 前半7分、九州電力は敵陣10m中央付近で相手のペナルティ(オフサイド)にてPG選択するも距離が足らずに先制を逃す。
 その後は勝たなければならないと意識が空回りしているのか、互いに小さいミスで攻守が入れ替わる展開が続いた。
 前半20分、Hondaの8番・トマシ・ソンゲタがラフプレーによりシンビンとなる。九州電力は14名となったHondaを攻めるが、あと一歩のところでなかなか得点に結びつけることができない。
 前半30分、Hondaは自陣右中間10m付近で相手の展開中ノックオンボールを11番・ホゼア・ギアが上手く拾い、約60mを独走し左中間へトライ。14番・レメキ・ロマノのコンバージョンも成功し先制する。(0-7)
 続く前半36分、Hondaは敵陣右中間22m付近で相手のペナルティ(ノットロールアウェイ)にてPGを選択するも、コースを外れ失敗した。
 ここで前半終了。(0-7)とロースコアで折り返しとなる。

 後半は、早い時間帯で点差を詰めたい九州電力のキックオフで開始した。
 迎えた後半8分、九州電力は敵陣右サイド22m付近でラックより左展開、15番・加藤が切れ込み、そのまま中央へトライ、10番・荒巻のコンバージョン成功で同点とする。(7-7)
 このまま波に乗りたい九州電力は後半20分、敵陣左中間22m付近より左へ展開しラストパスを受けた加藤が左端にトライ、コンバージョンは失敗したが、逆転に成功する。(12-7)
 九州電力はその後もチャンスを得るものの、ペナルティでチャンスを逃す場面が続いた。
 後半26分、Hondaは敵陣ゴール前5mでのラインアウトからモールを押し込み、トマシ・ソンゲタが左中間にトライ。コンバージョンは失敗、ゲームを振り出しに戻す。(12-12)
 勝利への執念を見せる九州電力は後半31分、敵陣中央10m付近で相手ペナルティ(オフサイド)にてPG選択し、約40mのPG成功させ再びリード。(15-12)
 九州電力の僅かなリードで迎えた後半34分、Hondaが敵陣左端ゴール前5m付近でのラインアウトからモールを押し込み、トマシ・ソンゲタが左中間へトライ、コンバージョンは失敗するも、逆転に成功した。(15-17)
 その後も一進一退の攻防が繰り返されるが、このままノーサイドとなった。

 Hondaは九州電力の気迫に押され苦戦したが、逆転で3戦全勝となり、4年ぶりのトップリーグ昇格を決めた。
 九州電力は、組織的なアタックとロータックルをHondaに次々浴びせるなど厳しいディフェンスが目立ったが、終了間際に逆転されてしまった。入替戦は同じ九州のコカ・コーラ(Bプール6位)に、2年ぶりの昇格をめざし挑むこととなった。


九州電力キューデンヴォルテクス Honda HEAT
前半 後半 前半 後半
0 2 T 1 2
0 1 G 1 0
0 1 PG 0 0
0 0 DG 0 0
0 15 7 10
15 合計 17
反則
7 5 PK 7 6
0 0 FK 0 0
45 合計 13

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

九州電力

●九州電力キューデンヴォルテクス
〔監督〕平田輝志
 今日の試合は地元レベルファイブスタジアムで、試合前から多くの職場の方々が応援に来ていただいた。そういう環境(ホーム)の中でHondaさんと闘えることを選手・スタッフ一同が楽しみにこの日を迎えた。
 ゲームに関しては、トップリーグ昇格条件が非常に厳しいものがあるということを分かった上で、今日私たちがしっかりとラグビーをしている姿、日本人だけでもトップリーグを本気で目指している覚悟を、会場へお越しの皆さんに観ていただく、という強い意志を持って選手一同、この1週間しっかりと練習に取り組んで来た。
 試合には負けたが、選手の頑張りと決して我々が日本人だけでトップリーグというものを初めから無理だとは思っていない、本気でトップリーグを目指しているということが少しでも皆様へ伝わったのではないかと思う。
 ただ、正直言って勝ちたかった。勝って入替戦に向け自信を持って臨めればと思ったが、Hondaさんの力に阻まれ簡単には勝たせてもらえなかった。
 入替戦については、これからしっかり準備して・・・相手はコーラさんなので、ベルファイブで試合が出来るというありがたい環境である。
 チャレンジャーであることは間違い無いので、先ずは闘える準備をし、私たちの覚悟というラグビーを見せたい。

〔主将〕平田一真
 今日はありがとうございました。正直今、選手全員が悔しい思いをしていると思う。勝てるチャンスが数多くあったが獲りきれず、敗因に繋がった。
 ただ多くの収穫もそれ以上にあったし、その収穫に対して下を向いてばかりはいることが出来ない。トップチャレンジに向けて、またレベルファイブで試合が出来るので準備して臨みたい。 

 「スピーディでアグレッシブな試合を見せてもらったが、良かった点と課題は?」
平田(輝):

日本人のチームが、強い外国人を数名抱えているチームと闘っていく上では、やはりボールをどれだけ早く動かせるか、スペースに運べるか、というところが、いかに組織的なアタックが出来るか、個々の強さに委ねるのではなくて組織的に皆でボールを動かす、スペースにボールを運ぶ、そしてなるべく止めない、スローダウンさせない、こういったアタックをやって行かなければならない。
今日はその部分に関しては、ある程度評価できると思う。
ディフェンスについても強い外国人を擁しているチームに対しては、前に出て低く倒す、そしてボールに激しく働きかける、もしくは次のディフェンスのセットを早くする、そのようなところをしっかり準備する。そのようなところは、今日の試合ではある程度出来ていたので満足している。しかし、このような試合の中で勝ち切るポイント、負けてしまったポイントが何点かあると思う。
今日の試合に関しては、大事な場面でのペナルティがゴール前のモールとなることを防がなければならないのに、そう(ペナルティ)させてしまったことが大きな敗因だと思う。
課題としては、ゴール前でプレーを起こさせない、という前のプレーが重要な課題。

「来月に大一番を控えているが、勝利するためのキーポイントは?」
平田(輝): この3週間で、対戦相手がどこであろうと我々のラグビー、我々のスタイルを対戦相手によって大きく変えることは出来ない。これまでの激しいチャレンジマッチの疲労をしっかり取り除き、選手にリフレッシュさせ、あとは入替戦まで、日々の練習の中で自分たちは自分たちのラグビーに自信を持って勝てる、勝ちに行くんだという強い気持ちを持ってグランドに立つことが重要。
スタッフも、選手たちがそのようなモチベーションでラグビーが出来るように最善の努力をしながら、チーム一丸となって入替戦まで日々を過ごして行きたい。
「入替戦も地元で多くの職場の応援があると思うが、意気込みを」
平田(一): 私は九州電力の応援が一番素晴らしいと思ってる。当社を取り巻く環境が厳しい中、職場の方々がこのように我々ラグビー部を支えていただける、会場に足を運んでいただいて大きな声援をしていただける、これがピッチに立つ選手たちにとって何よりの力になる。特にレベルファイブでやる時には、パフォーマンスが良く、良いゲームになるので入替戦も職場の方々に会場に来ていただいて、少しでも良い形で感謝の気持ちが伝わるようにしっかりしたラグビーをやりたい。
「収穫があった中で一番の収穫は?」
平田(一): 1年間やってきた組織ディフェンスは、スタイルを変えず今日もそれを貫けた。(トップキュウシュウリーグでは)大きな外国人選手と闘えないが、組織でディフェンスするということも1年間練習して来たので、それが通用したところは大きかった。
「ロータックル、クイックバックが目立った。これが80分間自分たちのラグビーを貫くということか?」
平田(一): この試合に向けて1週間でこのスタイルを確立したわけではなく、ロータックルと早いテンポを1年間練習して来た。これが九州電力の生命線で、80分出来ている。尚且つ獲りきる部分、ペナルティの部分は3週間で修正できるものだと思う。

 


Honda

●Honda HEAT
〔ヘッドコーチ〕藤本知明
 本日はありがとうございました。今日の試合の結果は素直に喜びたい。
 試合は予想していた通り、九電さんのプレッシャーが非常に激しく、自分たちが準備していたことがなかなか出せなかったが、最後に2点差でも勝ち切れるところは1年間の成長を見ることが出来た。
 トップチャレンジの3戦を通して、非常に苦しい闘いが続き選手も非常に激しいプレッシャーを受けながらの試合だったが、チーム47名で乗り越えられたことは、今年の総決算として素直に喜ばしいことである。


〔主将〕天野豪紀
 本日は、九州協会・レフリー・タッチジャッジの方、そして九州電力の方々、どうもありがとうございました。
 今日の試合は、チームが2勝しているという有利な中でも、自分たちが1年間しっかりやって来たことを出し、「敵は自分たちの気持ち」という風にしっかりターゲットを絞ってメンタルの部分で成長しようと試合に臨んだ。
 ヘッドコーチも言ったようにタフなゲームであったが、勝ててホッとしている。この厳しいゲームをクリア出来てこそ、トップリーグに昇格出来たということを凄く誇りに思う。

「過去2シーズン、トップチャレンジ入替戦で敗れたが、今シーズン大きく成長したところで、何が変わったのか?」
藤本: 一つは部内の競争が非常に高まったことが要因。
関西のリーグはプレッシャーが少ないような状態で、どのようにして自分たちで切磋琢磨するか、自分をプレッシャー下に置いて出来るか、ということがキーポイントと思っていた。
選手たち、レギュラー(ノンレギュラー含めて)メンバーが毎週激しいコンタクト練習を出来たことが、チームにとって一番大きく成長したところだと思う。
「勝って昇格と負けて終えるのと全然違ったと思うが、最後のモールからトライの場面で選手で確認したことは何か?」
天野: サインの確認と、絶対にFWで獲ってチームに勢いを出すために、もう一度集中力という言葉をFWに掛けてラインアウトに臨んだ。
「4シーズンぶりのトップリーグ昇格になるが、今日の要因は?」
天野: 1年間、いや去年から2年間自分がキャプテンをやって、仲間が自分のことを助けてくれた。チーム一丸となってまとまった結果が、今回やっと目標であったトップリーグ昇格に繋がったと思う。
仲間がいたからこそ自分も成長させてもらったし、最後は自分のキャプテンシーが素晴らしかったかな・・・という風に思う。
「外国人選手の活躍の影響は?」
藤本: 国際経験が豊富な二人の選手の取り組みが、チームに良い影響を及ぼしている。
プレーはもちろんだが、日頃どのようにしてラグビーに対して向き合っているのかを目の当たりに出来るのは、非常に大きいこと。
彼らも1月に照準合わせ、しっかりパフォーマンスを上げてくるところは素晴らしい。
「逆転シーンについては?」
藤本: 本人も言っていたが、素晴らしいキャプテンシーを持っていてチームの練習の綾みたいなところを分かっている。チームが緩んだ時に全員を集めるだとか、そのようなタイミングも年々成長し、コーチングスタッフとしても助かっている。
「来期のトップリーグについての意気込みは?」
藤本: 今までは2回トップリーグにチャレンジして、2度とも降格という形で終わってしまった。トップリーグの厳しさというものも身をもって分かっているので、今年一年、日頃より選手同士で高め合ってやることが出来た。
今日の試合を振り返っても、まだまだたくさんの課題もあるし、このまま簡単にトップリーグ残留することも困難だと思う。今日はしっかりと喜び、これからどのように闘って行くのかを、もう一度チーム全員で方向性を合わせてチャレンジして行きたい。
天野: 言おうとしたことはヘッドコーチに全て言われた。しっかり明確な目標を持ち、トップリーグでもやって行けるという自信を1年間で付けて闘い、Hondaの3度目の正直を果たしたい。

 


写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真