ホーム>トップリーグ>平成26年度>トップリーグ入替戦〔2月14日〕/コカ・コーラvs九州電力/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ入替戦〔2月14日〕/コカ・コーラvs九州電力/試合レポート

コカ・コーラレッドスパークス
コカ・コーラ
vs   九州電力キューデンヴォルテクス
九州電力
         

コカ・コーラ
完勝でトップリーグ残留

平成27年2月14日(土) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●13:00キックオフ
コカ・コーラレッドスパークスvs九州電力キューデンヴォルテクス

 ポカポカ陽気の福岡レベルファイブスタジアムで、トップリーグ入替戦コカ・コーラvs九州電力が行われた。
 長年ライバルの両チーム、"日本人だけでトップリーグ"を掲げて今シーズン戦ってきた九州電力がコカ・コーラ相手にいかに戦うのか。コカ・コーラ優位の前評判の中、試合が開始された。
 先制したのは九州電力、1分にペナルティゴールを決め0-3と幸先よいスタートを切る。
 しかしその後は、コカ・コーラにボールを支配されディフェンスの時間帯となる。
 そして7分、コカ・コーラは九州電力陣22mライン中央ラックから右へ展開、10番・吉原が右サイドへキックパス、これを15番・吉澤が押さえトライ。5-3とコカ・コーラが逆転した。
 さらに21分、ゴール前ラックから8番・ジミー・マーがサイドを突いてトライ。
 26分にはペナルティからラインアウト、モールを押し込んで6番・ソロモン・キングのトライとで、17-3とリードを広げる。
 九州電力も36分にラックから展開し15番・加藤がトライを奪が、17-8とコカ・コーラのでリードで前半が終了した。
 コカ・コーラのセットプレーの正確さ、前へ出る意識、相手を一人目で止める、これら全てが九州電力を上回った前半であった。

 後半、最初の得点はコカ・コーラであった。5分、中央のラックから左へ展開し11番・小柳がトライ。コカ・コーラの猛攻は更に勢いを増し、九州電力は防戦一方となる。そして17分から36分までの約20分間で、コカ・コーラは6本のトライを奪い53-8で試合終了。
 この結果、コカ・コーラのトップリーグ残留が決まった。
 九州電力の"日本人だけでトップリーグ"の目標には、多くの課題があると感じた一戦であった。


コカ・コーラレッドスパークス 九州電力キューデンヴォルテクス
前半 後半 前半 後半
3 6 T 1 0
1 3 G 0 0
0 0 PG 1 0
0 0 DG 0 0
17 36 8 0
53 合計 8
反則
3 0 PK 5 0
1 1 FK 0 1
5 合計 6

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

九州電力

●九州電力キューデンヴォルテクス
〔監督〕平田輝志
 点差、内容からも完敗である。コカ・コーラの力を認識したうえで準備をしてきたが、それを上回るアタック・ディフェンスで後手に回ってしまった。80分間のほぼすべてをディフェンスに費やしてしまった。
 完敗だったが、選手のこの1年間の頑張りは否定されるものではない。挑戦する機会が与えられるのであれば、しっかり前を向いて頑張りたい。残念なのは、職場の方々、サポーター、家族等、応援に来ていただいた方に申し訳なく思っている。

〔主将〕平田一真
 1年間しっかり準備してきたが、コカ・コーラのアタック・ディフェンス・スピード・接点の強さこれらを受けてしまい、後手に回ってしまった。何もさせてもらえなかったというのが印象である。
 これを糧にして、来季に向けて日本人だけでトップリーグを目指したい。

「どのような作戦で試合に臨んだのか?外国人に関しては?」
     対戦相手により分析し臨んでいるが、スタイルは大きく変えてはいない。コカ・コーラのアタックに関しては、一人目がロータックルで倒しシステムを遂行していく。アタックに関しては、早い球出しでグランドをワイドに使う事。今日は、まず一人目を止められなかった。そしてキーとなる外国人選手を止められなかった。それによりディフェンスに大きな綻びが出来た。
「外国人がいなくて出来なかった事は?」
     今日だけの試合を見れば外国人の差が出たかもしれない。"もし今外国人がいたら"という事については、想像がつかない。個の力に委ねないチーム作りをやっている。
今日は大量失点で負けたが、1年間を通じてみると、やれる自信、もっとやらなければいけない事を感じた年だった。日本人だけでトップリーグを目指すには、徹底、あらゆることを徹底する事が必要。そして工夫が必要。
「来季に向けては?」
     外国人選手がいない中で、出来る事・出来ない事がはっきりしたと思うので、出来なかった事を今後詰めていきたい。この一年間、覚悟を持ってやっていく。

 

コカ・コーラ

●コカ・コーラレッドスパークス
〔監督〕山口智史
 多くのファン、そして会社(稼働日でもかかわらず)から皆さんが応援に来ていただいた中で勝利出来て良かった。入替戦にまわるという不本意なシーズンだったが、フィジカル面で成長した点を証明できた。結果も内容も満足しており、選手たちはよく頑張ってくれた。
 来シーズンに向け、課題をしっかり持って向かっていきたい。今シーズン本当にありがとうございました。今日は喜びたい。

〔主将〕豊田将万
 家族やファン、社員の前で勝利する事ができホッとしている。今日の試合は、相手が九州電力と言う事より入替戦に勝って、来季もトップリーグで試合するという気持ちで戦った。
 トップリーグのレベルも上がっている中で、自分たちの存在を示すために取り組んできたフィジカル面での強みや、ボールを多く動かすラグビーが見せられたし、収穫も多くあった。来季も存在感を示すために頑張っていきたい。 

「相手が九州電力に決まった時の心境と、戦い方は?」
          九州電力に決まった時は正直嫌だった。
今日の試合に関しては、九州電力の強みを出させない事、コカ・コーラの強みを出す事、で戦った。前半は準備した以上の事を九州電力がやってきたので、手こずったが、後半は自分たちのラグビーができたと思う。
「トップリーグで出来なかった事で、今日それが出来た事については?」
          ポイントに近いところでゲインが出来た事、特にFWが前に出てくれた。この事が、今日自分たちのやりたい事が出来た理由である。
「今日、FWが前に出れた理由は?」
          相手はどこであろうとやるべき事は変わらない。受けなかった事が良かった。

 


写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真