ホーム>トップリーグ>トップリーグ2ndステージ第5節〔1月5日〕/九州電力vsリコー/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ2ndステージ第5節〔1月5日〕/九州電力vsリコー/試合レポート

九州電力キューデンヴォルテクス
九州電力
vs リコーブラックラムズ
リコー

 

九州電力
接戦を制し2勝目

平成26年1月5日(日) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●14:15キックオフ
  九州電力キューデンヴォルテクス vs リコーブラックラムズ

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】九州電力キューデンヴォルテクス:加藤誠央

 寒さも和らいだ福岡のレベルファイブスタジアムで、ジャパンラグビートップリーグ Bグループ2ndステージ 第5節、九州電力vsリコー戦が行われた。
 2ndステージに入り1勝3敗と後がない九州電力、そして、昨シーズン九州電力に苦杯を喫しているリコー。実力が拮抗している両チームのお互い負けられない一戦。

 九州電力のキックオフでゲームスタート。すると、九州電力のFWが、素晴らしい出足でそのボールを獲得。リコー陣ゴール前右中間ラックから右へ展開し、14番・加藤がトライ。わずか1分での得点で、地元のファンも盛り上がる。
 しかしリコーも7分に13番・小松がトライを返し、5-7と逆転に成功した。
 だが、九州電力も黙っていない。12分、14番・加藤がスピードを活かし右タッチライン沿いを快走。フォローしていた12番・スウィーニーにパスしトライ、12-7とする。
 その後は、九州電力が粘り強いディフェンスで優位にゲームを進めるが、26分、リコーの14番・長谷川に一瞬のスキを突かれ同点とされる。
 が、30分に11番・吉田がトライ、19-12で前半終了。
 九州電力の前へ出るディフェンスが印象的な前半であった。

 後半、先に得点したのは九州電力。9分、4番・進藤が左隅へトライ。24-12とリードを広げる。
 ここから、九州電力の我慢の時間帯が始まる。リコーの大型外国人を中心とした攻撃に防戦一方。これをよく凌ぎ、31-17とリードした残り10分、リコーが反撃開始。31分に7番・武者、39分には5番・エモシと連続トライで31-29と点差が縮まった。
 リコーの12番・フルーティのゴールが決まれば同点の場面。これは惜しくも外れ試合終了。

 マンオブザマッチには、随所に素晴らしいアタックを見せた九州電力の加藤誠央が選ばれた。


九州電力キューデンヴォルテクス リコーブラックラムズ
前半 後半   前半 後半
3 2 T 2 3
2 1 G 1 1
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
19 12 12 17
31 合計 29
反則
2 7 PK 5 0
2 0 FK 4 0
11 合計 9

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

リコー

●リコーブラックラムズ
〔監督〕神鳥裕之
 去年、敗れていたので勝ちたかったが、受けに回ってしまい押し切られた。
 前を向いて次に向かう。

〔主将〕小松大祐
 いいスタートを切りたかったがディフェンスできずに、後手に回ってしまった。
 今後は、5ポイントを狙い戦う。

  「分析との差はあったのか?」
 - 差はなかった。ディフェンスできなかった事に尽きる。

九州電力

●九州電力キューデンヴォルテクス
〔監督〕平田輝志
 今後を考えて、大事な試合の位置付けで戦った。
 勝利、ボーナスポイント獲得を素直に喜びたい。

〔ゲームキャプテン〕齊藤玄樹
 選手でミーティングを行い、今日の試合に臨んだ。折れない気持ちを見せれたと思う。

 

  「加藤をウィングで使った理由は?」
 - メンバー、ポジションの入れ替えを行った。ゲームプランに合わせたメンバーである。
荒巻に期待し先発メンバーとし、加藤をウィングとした。

写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真