ホーム>トップリーグ>トップリーグ2ndステージ第6節〔1月11日〕/NTTコミュニケーションズvsコカ・コーラウエスト/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ2ndステージ第6節〔1月11日〕/NTTコミュニケーションズvsコカ・コーラウエスト/試合レポート

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
NTTコミュニケーションズ
vs コカ・コーラウエストレッドスパークス 
コカ・コーラウエスト
     

コカ・コーラウエスト 開始直後に2トライを奪うも
NTTコミュニケーションズに悔しい逆転負け

平成26年1月11日(土) 天候:晴れ ベストアメニティスタジアム【佐賀】

●12:00キックオフ
  NTTコミュニケーションズシャイニングアークスvsコカ・コーラウエストレッドスパークス

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】NTTコミュニケーションズ:友井川 拓

 ジャパンラグビートップリーグ Bグループ2ndステージ 第6節。共にここまで2勝3敗、勝ち点はNTTコミュニケーションズが「15」、コカ・コーラウエストが「13」で、ワイルドカード進出及び入替戦出場を回避するには、負けられない試合。

 暖かい日差しが差し込む中、コカ・コーラウエストのキックオフで始まった。
 まず、ゲームが動いたのは前半5分。NTTコミュニケーションズ22m付近で、コカ・コーラウエストがスクラムから左に展開しモール。そのまま、右に回して右隅に14番・江藤のトライ。ゴールも成功し7点が入った。
 勢いに乗るコカ・コーラウエストは前半7分、またもや江藤のキックチャージによって弾いたボールが自分の腹の中に。そのままインゴールに持ち込みトライをし、NTTコミュニケーションズを突き放した。
 また、コカ・コーラウエストのディフェンスも良く、タックルが次々に決まり、NTTコミュニケーションズに隙を与えない。
 しかし前半14分、コカ・コーラウエストが自陣22m中央スクラムで、コラプシングの反則を犯す。NTTコミュニケーションズはこの反則でペナルティーゴールを成功すると、勢いそのままに18分に15番・小川がトライ。コンバージョンも決まり10―14。
 この勢いで逆転をしたいNTTコミュニケーションズだったが、ミスが続き波に乗れないまま前半終了。

 後半に入ると、開始早々NTTコミュニケーションズがトライし、逆転に成功。前半とは打って変わり、NTTコミュニケーションズのディフェンスが光る。
 コカ・コーラウエストは何度も攻め込むが、NTTコミュニケーションズの速いディフェンスの前にゲインラインを越えることができず、後半からは防戦一方。
 逆に、NTTコミュニケーションズは速いラックで何度もターンオーバーをし、着実にトライを重ねていき、27―21で、ノーサイド。
 
 NTTコミュニケーションズはワイルドカード進出に近づき、次節への弾みになったであろう。
 コカ・コーラウエストにとっては、終了間際にトライとコンバージョンで勝ち点1を取ったのが、次節につながるせめてもの救いであった。
 マン・オブ・ザ・マッチには、NTTコミュニケーションズの友井川 拓選手が選ばれた。


NTTコミュニケーションズシャイニングアークス コカ・コーラウエストレッドスパークス
前半 後半   前半 後半
1 3 T 2 1
1 1 G 2 1
1 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
10 17 14 7
27 合計 21
反則
0 4 PK 7 1
0 0 FK 1 0
4 合計 9

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

コカ・コーラウエスト

●コカ・コーラウエストレッドスパークス
〔監督〕山口智史
 試合の内容については、戦前からNTTコムはFWのセットプレーが強いということで、早い球出しを練習してきた。
 しかし、試合の一番大切な後半の20分までの時間帯でセットを獲得できなかったこと、攻撃の起点を作れなかったことが敗因だ。ただボールが自分たちにある時はいいアタックができていたので、最終節の九州電力との九州ダービーは起点であるスクラム、ラインアウトのセットプレーの整備から始めて、これまで自分たちがやってきたことを出したい。

〔主将〕豊田将万
 ホームゲームの試合で勝ちを得て、次につなげたかったが、自分たちの思ったとおりにできない時間帯が多く、後手を踏んでしまった。
 最初に2本、そして最後に取り返せたこと、また次につながるプレーが随所にあったと思うので、最終節は自分たちのラグビーを出し切って終わるようにしたい。

「セットプレーが課題とされたが、ラインアウト・スクラムのどのあたりが実際厳しかったのか?」
 豊田: 過去NTTコムと対戦した時もスクラム、ラインアウトともすごいプレッシャーを受け、ボールの獲得率が悪かった。
今シーズンのNTTコムもセットプレーが調子いいので、対策を立ててきた。スクラムに関してはよく対応できていたが、ラインアウトは、相手の高さと反応の良さに、自分たちがやりたいラインアウトができない場面が多かった。
「九州電力戦のキーマンは誰か?」
 山口: 九州電力は昔からのライバルであり、お互いずっと意識し合うチームだ。
豊田主将を中心にもう一回メンタル面でしっかり準備したい。そういう意味では豊田主将がキーマンだ。BKでは、エリオタ・サポル選手、トゥ・ウマガマーシャル選手に頼るところが大きいが、本日スタンドオフに入った南里選手がキーマンだと考える。
「ハーフタイムはどのようなことを指示したのか?」
 山口: 今日の敗因となった最も大きい部分のセットプレー。そしてブレイクダウン。ブレイクダウンで7回くらいターンオーバーされていた。
2人目のプレイヤーと相手の2人目のプレイヤーのコンテストで負けていることから、具体的なことを指示した。

NTTコミュニケーションズ

●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
〔監督〕林 雅人
 どのチームもそうだが、私たちのチームもワイルドカード進出を目指している。そのためには今日の試合がキーになることから、必ず勝つという強い気持ちで臨んだ。セットプレーとディフェンスという自分たちの強み、持ち味をしっかり出し、中でもコカ・コーラウエストの足にしっかりタックルをしようと、一週間しっかり準備をしてきた。
 良かった部分、悪かった部分あるが、勝利することができたのが何よりの収穫だ。


〔主将〕友井川 拓
 何よりも勝利することを嬉しく思う。
 試合はなかなかエリアコントロールできない中、FWがセットプレーでプレッシャーをかけてくれ、自分たちのペースで戦えたということが勝因だと思う。前で体を張ってくれたFWに感謝したい。今日はFWの勝利だ。

「前半2つトライをとられた時にチーム内でどのようなことを確認し合ったか?」
 友井川: 特に2つめに関して、アクシデント的なこともあったので、「下を向かず、敵陣に入ってボールキープとアタックができれば必ず得点できるので、まずは敵陣に入ることをターゲットにしていこう。」と話し合った。
「ハーフタイムの指示は?」
 林: ディフェンスはよくできていたこと。敵陣で戦うために、キックを効果的に使っていこう、あとは単純に40分間しっかり戦おうと指示をした。
「最終戦に向けた課題は何か?」
 林: 試合の終盤の戦い方が良くない。自陣に釘付けになる場面が多く、キックからのオプションの使い方はコカ・コーラウエストがうまかった。一週間で修正できる範囲で修正したい。
セットプレーとディフェンスという自分たちが磨いてきた刀をしっかり振り回せるよう、気持ちとスキルの準備をしたい。

写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真