ホーム>トップリーグ>平成27年度>トップリーグ・プレシーズン第3節〔9月19日〕/NTTコミュニケーションズvs神戸製鋼/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ・プレシーズン第3節〔9月19日〕/NTTコミュニケーションズvs神戸製鋼/試合レポート

TOP LEAGUE
NTTコミュニケーションズ
シャイニングアークス

NTTコミュニケーションズ 
 vs 神戸製鋼
コベルコスティーラーズ

 神戸製鋼
     

平成27年9月19日(土) 天候:晴れ かきどまり陸上競技場【長崎】

●16:00キックオフ
  NTTコミュニケーションズ  vs 
神戸製鋼

マン・オブ・ザ・マッチ
【マン・オブ・ザ・マッチ】神戸製鋼コベルコスティーラーズ:谷口到 (写真撮影:阿部典子)

 天候、気温ともに最高のコンディションの中、神戸製鋼のキックオフで試合開始。

 前半2分、NTTコミュニケーションズは敵陣10mラインアウトから8番・山下が中央を力強いラインブレイク、フォローに入った7番・金正奎へ繋ぎトライ。ゴールキックも決まりNTTコミュニケーションズ が7-0と先制した。
 神戸製鋼も前半10分、ハーフェイライン中央からの、ペナルティーキックを10番・山中が確実に決め3点を返す。
 前半21分、10番・山中のハイパントがゴールポストに当たり、跳ねかえったボールを神戸製鋼が獲得。2番・長崎がラックサイドをつきトライ。ゴールキックも決まり7-10と逆転する。
 前半25分、NTTコミュニケーションズのキックを神戸製鋼11番・中濱がカウンターアタック、14番・アンダーソンフレイザーへと繋ぎトライ。ゴールキックも成功し、7-17とリードを広げる。
 その後、神戸製鋼10番・山中のPGを追加し、7-20と神戸製鋼リードで前半終了。

 後半立ち上がりは、両チームともに決定的なチャンスを作ることができないまま試合が経過していく。
 先に得点をあげたのは神戸製鋼。後半15分、10番・山中がPGを決め、7-23とリードを広げる。
 対するNTTコミュニケーションズは後半18分、ペナルティーから敵陣ゴール前へ進み、ラインアウトからモールを押し込み8番・山下がトライ。ゴールキックも成功し14-23と反撃を開始するかに思えたが、その後のゴール前での得点チャンスを神戸製鋼が守りぬき、勢いを与えない。
 後半26分、神戸製鋼は後半出場の22番・田邊が抜け出し、アンダーソンフレイザーがトライをあげ、ゴールキックも決まり14-30とリードを広げた。
 その後、お互いチャンスを作るも、得点に結びつけることができず、そのままノーサイド。

 この日のマン・オブ・ザ・マッチは、攻守にわたり存在感を見せた神戸製鋼No.8谷口到選手が受賞した。


NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
前半 後半   前半 後半
1 1 T 2 1
1 1 G 2 1
0 0 PG 2 1
0 0 DG 0 0
7 7 20 10
14 合計 30
反則
2 4 PK 7 5
0 1 FK 0 1
7 合計 13

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

NTTコミュニケーションズ
(写真撮影:阿部典子)

●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
〔ヘッドコーチ〕ロブ・ペニー
 本日はお越しいただきありがとうございました。
 今日は自分たちよりさらにいいチームに負けてしまいました。
 フィジカルの部分で負けてしまい、ディフェンスでもよい部分が出せませんでした。
 トップリーグを勝ち抜いていくために学んでいかなければなりません。TOP4のチームを倒すためにはそれなりのパフォーマンスが必要です。
 今シーズンの自分たちは「目標」、できるだけ選手を使ってスコッド全体のレベルを引きあげたい。今回はこれが実行できたと思います。2つ目はコンスタントのいいパフォーマンスを出すこと。今回は出来ていない部分もありましたが、できた部分もありましたし成長できているところもありました。
 試合に負けてしまったことは残念でしたけれど、このプールでの負けをしっかりプレーオフに繋げていきたいです。

〔ゲームキャプテン〕鶴田 涼
 今日のゲームは、前半は風下で我慢していこうと入りで臨んだんですが、先制トライが取れて入りが凄く良くて理想的な形だったんですけど、そこから2本PGを外したり、逆に相手はハイパントがポールに当たってそこからトライになったり、ちょっとアンラッキーな部分で流れをつかめず、試合の流れが崩れてしまいました。
 後半は風上に立って、敵陣に入ってやれれば良かったのですが、自陣で持ちすぎた部分とディフェンスでシステムをフィジカルでやられてしまいました。次、トーナメントもあるのでしっかり結果を残せるよう一試合、一試合、全力で戦っていきたいと思います。 


神戸製鋼
(写真撮影:阿部典子)

●神戸製鋼コベルコスティーラーズ
〔ヘッドコーチ〕アリスター・クッツェー
 結果は我々にとってはいい結果でした。この長崎に来ていい環境でプレーし勝ったということは良かったです。こういう風の強いスタジアム、後半向かい風でプレーすることは我々にっても学ぶべきところはありました。
 もちろんまだ課題はあります。ただそのプランというのはすごくいい形で進んでいると思いますし、選手層もしっかり厚くなってきたと思います。正面・南橋・ジャックフリー・前川、この四人が出ていませんけど、この4選手の代わりに出場した選手がいいアピールをしてくれた。そうすることでチームが良くなり代表の選手が戻ってきたときに彼らがプレッシャーを感じるような環境を作りたい。
 来週に練習試合もあります。この3試合で出場機会がなかった選手に出場してもらおうと考えています。それを経て最後の試合への準備に入りたいと思います。たた、やるべきこと課題はたくさんあります。

〔主将〕橋本大輝
 先週・先々週より確実によくなってきています。今日も入りがすごく悪かったのですが、その後修正できて最後には勝つことが出来たので良かったです。

「課題が多いというが具体的には?」
 HC: セットプレーとスクラムはまだまだ改善の余地があります。またラインアウトも修正が必要です。ボールをキープしているときはいいアタックが出来ていますが、そこで必要のないミスが起きています。そこは修正できると思います。

 


写真 写真 写真
写真 写真 写真
写真 写真 写真

(写真撮影:阿部典子)