ホーム>トップリーグ>平成27年度>トップリーグ・レギュラーシーズン第3節〔11月29日〕/コカ・コーラvsキヤノン/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

  • トップリーグ
  • トップチャレンジリーグ
  • 九州リーグ
  • 日本代表

トップリーグ・レギュラーシーズン第3節〔11月29日〕/コカ・コーラvsキヤノン/試合レポート

TOP LEAGUE
コカ・コーラレッドスパークス
コカ・コーラレッドスパークス 
 vs  キヤノンイーグルス
 キヤノン
     

平成27年11月29日(日) 天候:くもり 大分市営陸上競技場【大分】

●13:00キックオフ
  コカ・コーラレッドスパークス vs キヤノンイーグルス

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】キヤノンイーグルス:三友良平

 薄曇りの大分市営陸上競技場。
 3年連続の同カードとなる、ジャパントップリーグ2015-2016第3節は5,000人以上の観客を動員するにふさわしい好ゲームとなった。

 これまで、勝ち星のないコカ・コーラは、キックオフから、果敢に攻め込み、キヤノンを脅かす場面が多く見られた。
 試合が動いたのは前半5分。キヤノンはゴール前のラックから右へ展開し、フォローに走った5番・サム・ワイクスが右隅にトライ。
 15分にはキヤノンの反則によるペナルティゴールで加点し、8-0とする。
 しかし、流れが傾くかと思われた、18分、コカ・コーラの7番・山下の危険なプレーにより、認定トライを献上してしまい、8-7となる(山下はシンビン)。
 いやな雰囲気は醸しつつも、コカ・コーラはキヤノン陣営に攻め込むことにより反則を誘い、ペナルティゴールを2本積み上げ、14-10として前半を終了した。

 後半になってもコカ・コーラは攻め手を緩めなかった。
 11分、中盤から右へ展開し、14番・築城がトライを決めると、その後もペナルティゴールを獲得し、一時は25-10までリードを広げた。
 しかしコカ・コーラの踏ん張りもここまで。18分にはキヤノンの13番・ベネットの突破から、15番・ルルーが抜け出しトライ。
 再び接戦に持ち込もうとするキヤノンのアタックに焦りが出たのか、21分のコカ・コーラの14番・築城が危険なプレーによりイエロー処分となってしまう。これが勝敗の分かれ目となる。
 その後は、28分にキヤノンの20番・植松、31分にはハイパントから中央突破を果たし、同じく6番・杉永が逆転となるトライを決め、25-31にて試合終了。

 キヤノンはシンビンにより相手が一人少ない状態で、3T・3G・1PG(認定トライ含む計24点)を獲得しており、結果的にコカ・コーラは反則に泣いた結果となった。
 マン・オブ・ザ・マッチには、キヤノンの12番・三友良平選手が選ばれた。


コカ・コーラレッドスパークス キヤノンイーグルス
前半 後半   前半 後半
1 1 T 1 3
0 0 G 1 3
3 2 PG 1 0
0 0 DG 0 0
14 11 10 21
25 合計 31
反則
5 6 PK 7 2
0 0 FK 0 0
11 合計 9

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

コカ・コーラ

●コカ・コーラウエストレッドスパークス
〔監督〕
臼井章広
 今週も非常に多くのファンの皆さまにお越しいただき、生の声援を頂いて本当にありがとうございました。
 今日は何はともかく、今シーズン1勝として臨んだ。7・8割は試合運びとしては上手くいったが、残りのところでキヤノンさんのプレッシャーが強く逆転されてしまった。ただ、いいところも沢山出たので、これからの残りの試合も戦っていけると感じている。
 来週の熊本でのヤマハさんとの試合も、戦えるようもう一度チャレンジしたい。

〔主将〕山下昂大
 多くのファンの方々にお越しいただき、いい環境で試合できたことに感謝いたします。
 内容としては、後半の残り20分ぐらいまでは目標とするラグビーが出来たが、勝ちきらなかった。チームとしての方向性が定められず、後半残り20分の時間帯でペナルティが重なってしまったことが今日の敗因だと思う。
 残り20分しっかり勝ちきれるゲームが出来るように、また来週からも、昨年のチャンピオン ヤマハとの試合が続いていくのでしっかり結果が出るように努力したい。

「序盤からスピーディー、ワイドな展開でいい立ち上がりであったが、どのような作戦であったか?」
臼井: 前半から激しく戦っていこうという指示であった。過去2年のキヤノンとの対戦で前半から大量失点した為、その上でしっかり主導権をもって戦うという意図。
「具体的に手ごたえを感じた部分は?」
臼井: 自分たちがしっかりボールのコントロールさえ出来ればキヤノンさんに対してもワイドに振る、もしくは自分たち主導で有効的にボールを前に運べた点が良かった。
「イエローカードで一人少なくなった前半と、後半ルルー選手のトライで流れが変わったあたりの気持ちは?」
山下: 前半のシンビンは私個人だったので外から見守る他なかったが、我慢できた。
後半の、8点差で勝ちが見えてきた時に、チームとしてアタックで出るのか、キックでエリアをとりに行くのかチームとし曖昧になってしまった。チームとしての方向性にバラつきがある所を、僕がコントロールしていきたい。
「来週のヤマハ戦はどう戦うか?」
臼井:  私たちはチャレンジャーだ。その中でFW、BKバランスのとれた相手に対し、自分たちのスタイルを貫いて攻める。
「過去2年に比べて今年は観客が多かったと思うが?」
臼井:  選手はやりがいを感じ、嬉しく思っている。その上で一人でも多くのレッドスパークスファンに会場に来てもらい、早く勝利をあげて一緒に喜びたい。

キヤノン

キヤノン・イーグルス
〔監督〕永友洋司
 今年も素晴らしい環境の中でプレーすることが出来、感謝申し上げます。
 結果はご覧のとおりですが、苦しい展開で勝ちを頂いた。最大15点差を追いつき逆転した選手の頑張りに尽きるが、成長を実感している。
 ただ、自分たちのミスも多く、ゲームの入りなど足りない点を反省し、教訓としてレベルアップして戦っていきたい。

〔主将〕橋野皓介
 九州ラグビー協会、大分ラグビー協会の皆さんのご尽力のおかげで、このような大観衆の中試合が出来て幸せに思っています。
 この試合最初の20分にフォーカスしてそこを全力で戦おうとしたが、自分たちのミスもあり、前半すごく悪い展開であった。が、こういう苦しい展開でも勝ちきったことは自信となった。次週に向けて頑張っていきたい。

「前半フラストレーションのたまる展開であったが、ハーフタイムでの指示は?」
永友: 前半は我々のミスというよりも、コカ・コーラが素晴らしいラグビーをした。ラインアウトも含め、チームとして機能させるためのメンバーを入れ替えた。
後半はチームとして戦ってくれたと感じている。
「今日の勝因、ポイントは?」
永友: 今日マン・オブ・ザ・マッチを取ってくれた三友のキックが大きかった。当然ながらトライを取り切った選手、つないだ15人が素晴らしいが、難しいコーナーの2本を決め相手にプレッシャーを与えることが出来た。五郎丸級のナイスプレーであったと思う(笑)
「前半、相手のシンビンで一人少ない状況で、10m付近からゴールを狙ったのは監督の指示か?」
橋野: 前半ラインアウトが良くなかったので、ショットを選択した。
「後半、ルルー選手のトライまでイライラした雰囲気を感じたが?」
橋野: コーラのペースでゲームが進み、キャンノンのラグビーが出来ないことにフラストレーションを感じた。点差が開いた時に円陣を組み、苦しい展開だけど俺達は試されているんだ、こういう苦しい試合をしっかり勝ちきろう、ワントライづつ返していこう、勝ちにいこうと話してから、15人で軽いプレーがなくなった。そこがよかった。

写真 写真 写真
写真 写真 写真