ホーム>トップリーグ>平成27年度>トップリーグ・レギュラーシーズン第4節〔12月6日〕/Honda vs サントリー/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

チケット情報

携帯サイト

トップリーグ・レギュラーシーズン第4節〔12月6日〕/Honda vs サントリー/試合レポート

TOP LEAGUE
Honda HEAT
Honda 
 vs  サントリーサンゴリアス
 サントリー
     

平成27年12月6日(日) 天候:くもり うまかな・よかなスタジアム【熊本】

●11:40キックオフ
  Honda HEAT vs サントリーサンゴリアス

写真
【マン・オブ・ザ・マッチ】サントリーサンゴリアス:小野晃征

 ラグビーワールドカップ2019日本大会の会場のひとつである熊本県うまかな・よかなスタジアムで、今年は久しぶりに2試合が組まれた。
 五郎丸人気もあり10時10分の開場予定時間の2時間前から長蛇の列が出来はじめ、開場時間を30分早めることになった。バックスタンドが観客で埋まるのは、うまかな・よかなスタジアム開催のトップリーグでは初めてのこと。
 その第1試合、両チームともに1勝2敗ながら勝ち点差で5位と6位にいるサントリーとHondaの試合は、昨年までの観客数をはるかに上回る14,000人を超える観客が集まった中、キックオフのホイッスルが鳴り響いた。

 開始5分、FW戦で優位に立つサントリーがラインアウトからのモールをゴール前まで押し込み、サイドアタックでフェーズを重ねた後、キャプテンの5番・真壁がフィジカルを生かして先制のトライ。10番・小野のゴール成功で7-0とする。
 開始からの勢いはサントリーにあった。12分、続くトライも敵陣で余裕を持って戦うサントリーがフェーズを重ねた後、大きくボールを動かし飛ばし、パスをもらった11番・江見が走りきってトライ。更にキックオフでHondaのキャッチミスから一気に敵陣に持ち込み、最後は8番・ツイが中央にノーホイッスルトライ。ゴールも簡単に決まり19-0。
 19分には村田のトライで早々と4トライのボーナスポイントを獲得した。
 その後、サントリーのペナルティで敵陣に入ったHondaは、サントリーの激しいディフェンスにも粘り強くボールを継続し、33分に8番・トマシ・ソンゲタが待望のトライ。15番・森田のゴール成功で24-7として反撃を開始する。
 更に、Hondaはキックオフから14番・レメキ・ロマノラヴァが一気にゴール前まで持って行き、最後は10番・小西がダイビングトライ、ゴール成功で24-14。
 大歓声に後押しされて、流れはHondaへ。続くキックオフからも13番・谷口が一気にサントリー陣22mラインまで走ったが、タックルされてノックオン、3連続トライにはならなかった。
前半はこのまま24-14で終了。

 後半、サントリーボールのキックオフ、Hondaのノックオンでサントリーボールになると、敵陣ゴール前でラインアウトからモールを組んで押し込んだ後、左に展開したボールを最後はツイ・ヘンドリックが持ち込みトライ。ゴール成功31-14。
 スクラムでも優位に立つサントリーは、Hondaゴール前で得たペナルティでスクラムを選択、サイドアタックから攻撃を継続し、最後は小野がトライを決めた。
 セットプレーに安定感をみせるサントリーが、その後も19分、28分、38分にトライを加え、後半Hondaの反撃を1トライに押さえたサントリーが59-21で完勝した。

 点差が開いた後もいいプレーには大歓声がおこり、グランドに立つ選手のモチベーションは最後まで落ちなかった。また、後半途中から地元荒尾高校出身の流大が出場し、観客を盛り上げた。
 マン・オブ・ザ・マッチは、サントリーのディシジョンメーカーで自らも2トライを挙げた小野晃征が受賞した。


Honda HEAT サントリーサンゴリアス
前半 後半   前半 後半
2 1 T 4 5
2 1 G 2 5
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
14 7 24 35
21 合計 59
反則
2 8 PK 4 4
0 1 FK 0 0
11 合計 8

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

Honda

●Honda HEAT
〔ヘッドコーチ〕
藤本知明
 本日は2試合連続でW杯が行われる素晴らしい会場で試合ができるということもあって、チームとして最大限の準備をして臨んだはずだが、前半からディフェンスシステムで、準備していたことが出せなかった。
 サントリーの展開のスピードに後手を踏んでしまい、あとは自分たちのペナルティからのタッチのミスなどがあり、リズムに乗れなかった試合内容だった。
 前半のラスト20分のところでは立て直しを図ったが、後半は活かしきれず結局大差がついてしまった。
 来週も重要な試合が続くので、ショートウィークになるがしっかり準備して臨みたい。
 本日はありがとうございました。

〔ゲームキャプテン〕山路健太
 今日の試合は、自分たちのタックルミス、パスミスといった細かいミスで負けたかなと思う。
 サントリーさんのハードワークに僕らのハードワークが負けたことで、やれることはシンプルなので今日出た課題を来週また精一杯やる。ショートウィークなのでしっかりリカバリーし、次の大事な試合を迎えたい。
 今日はありがとうございました。

「攻めてるときはいいプレーもあったが、自分たちの収穫、伸びたところは?」
山路: ボールが入っているときに、しっかり前に運べた。もう少しダイレクトに前半はアタックしたかった。
このあたりは、他のチームに対して、しっかりボールキープを含めてできてるところがあると思うので、まだフェイズで雑な部分を修正し、次の試合に臨みたいと思う。
「35分前後にキックオフからトライ2本をうまくとれたのは、サントリーに対して、何をどうしてトライがうまれたのか教えてほしい。」
山路: ひとつは、フリーのスペースがしっかり見えていたというのが大きな要因だと思う。一番最初のトライのところや、二つ目の少しブレイクしたところもそうだが、ボールをキャッチした人が、しっかり前をみて判断したというところが良かったところだと思っている。
あとは、サポートの選手のリアクションが比較的早くできていたので、そこが好プレーにつながったところではないかと思う。

サントリー

サントリーサンゴリアス
〔ヘッドコーチ〕アンディ・フレンド
 今日はありがとうございました。
 今日のパフォーマンスはすごくハッピーだった。
 最初の20分におけるゲームコントロールがすごく良かったと思う。ハーフタイム前になって、ディフェンスの部分ですこし慌ててしまった部分があった。そこの部分をしっかり修正していかないといけないが、選手たちのエネルギーはすごく良かったと思う。

〔主将〕真壁伸弥
 ゲームとしてはいい時間帯もあれば悪い時間帯もあり、ともに経験できたが、サントリーとしては攻め意識をしっかり持って80分間できた。その部分では、すごく成長したと思う。
 今度は悪い時間をどれだけ減らして、いい時間をどのくらい長くするか、というのが課題だ。次はショートウィークだが、そこはしっかり修正して、NTTコムさんに臨みたい。

「ヘッドコーチが言うように、前半の中盤から失点が多くなった。ここはどう考えていたのか?」
フレンド: すごく残念なトライを許してしまった。非常に個人的なエラー、インディビジュアルなエラーだと見ている。一人のランナーに対しての、自分たちのミスタックルがあったと思う。
個人個人がミスを無くしていく、注意力を高めて試合を行っていくのが大事だと思う。
特にNTTコム戦は、そこをしっかり集中していかないと得点を採られてしまうだろう。
「前後半の入りのところで、いい流れがつかめたと思うが、かえってセットされたところからのゲームへの入るところの意識はどういう形で臨んだのか?」
真壁: 後半の入りも、自分たちから仕掛けるというイメージを持っていた。点を取られてからもやはり受けに回り、特に外国人選手からの突破でやられた。
システム的には問題なく、外国人選手のインディビジュアルなところで抜かれてしまったため、しっかりアタックの意識をもってやっていこうとした。そうしたらいい流れができた。
「今日は真壁キャプテン人気(!)でトップリーグ最多の観客だったが、ワールドカップでは満席のスタジアムを経験した上でどうだったか?」
真壁: そのコメントには多少、悪意があるように感じるが(笑)、こうやってたくさんの方に来ていただき、ラガーマンとしてはこういう会場でできることがすごくハッピーだ。
こういうことを繰り返すことで、選手のパフォーマンスも上がるし、人気も上がるため、どんどんやっていきたいと思う。そのためには協会の力も大事だと思った。
今日は本当にありがたいと思っている。
フレンド: 今日はキャプテンの100キャップ目だった。そのために、こんなにお客さんが来てくれたんだと思う。(笑)
真壁: フーリーもサントリーで50キャップ目で、自分もサントリーで100キャップ目。チームとしては、それもひとつのモチベーションになる。
あとはやはり、ホンダの選手が1人亡くなったため、それに対して向こうのチームに対してリスペクトを持って挑めた。言い方は悪いが、メンタル的にはすごく充実しての闘いだったため、その部分では今日の試合は良かったと思う。
今回サントリーで100キャップだが、今度はトップリーグで100キャップできるように頑張りたい。
ありがとうございました。

写真 写真
写真 写真