ホーム>大学>平成26年度>第51回全国大学選手権大会2ndステージ1回戦〔12月14日〕/法政大学vs朝日大学/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

  • トップリーグ
  • トップチャレンジリーグ
  • 九州リーグ
  • 日本代表

第51回全国大学選手権大会2ndステージ1回戦〔12月14日〕/法政大学vs朝日大学/試合レポート

朝日大学前半リードするも
後半6トライを献上し完敗

平成26年12月14日(日) 天候:晴れ レベルファイブスタジアム【福岡】

●12:00キックオフ
  法政大学vs朝日大学

 時折地面を濡らしていた冷たい雨も上がった福岡レベルファイブスタジアムで、第51回全国大学ラグビーフットボール選手権大会セカンドステージ第1戦、法政大学vs朝日大学の試合が行われた。

 先制したのは朝日大学。キックオフのボールを奪いNo.8パイラヌ・シオネが大きくゲインし右へ展開。10番・工藤から12番・坂本へパスしそのままトライ。開始わずか1分にも満たない先制トライにスタンドがざわめく。
 さらに15分、ペナルティを得た朝日大学は、タッチを選択。ラインアウトからモールを押し込みトライ、0-14とリードを広げる。
 これで法政大学も目が覚めたのか、反撃を開始する。ボールを良く動かし、27分、30分と連続トライで12-14とする。
 しかし35分、またもやモールを押し込まれ朝日大学にトライを許し12-19と朝日大のリードで前半が終了した。
 朝日大学の前へ出るディフェンスと、No.8シオネの突破力が目に付いた。対する法政大学は、キックオフのミスを引きずり続けた感のある前半であった。

 後半に入ると、攻守の要であるシオネをシンビンで欠いた朝日大学のリズムが崩れる。法政に1分、5分とトライを奪われ26-19と逆転される。
 6分過ぎにシンビンが解けシオネが戻るが、地力に勝る法政の猛攻は続く。そして勢いのあった朝日大学の足が止まりだし、その後4トライを献上。54-19で試合終了。

 何といっても、朝日大学にはNo.8シオネのシンビンが痛かった一戦であった。

 

法政大学 朝日大学
前半 後半   前半 後半
2 6 T 3 0
1 6 G 2 0
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
12 42 19 0
54 合計 19
反則
4 4 PK 4 8
1 0 FK 0 1
9 合計 13

 


詳しくは日本ラグビー協会公式サイトへ

記者会見

朝日大学

●朝日大学
〔監督〕吉川 充
  残念だった。前半は準備していた事が出来たが、シンビンで流れが変わった。
 次の帝京大戦は胸を借りるつもりでやりたい。  


〔主将〕坂本椋矢
 前半は自分たちのラグビーができた。後半は法政のテンポに乗せられた。
 帝京戦は80分間自分たちのラグビーをやりたい。特にディフェンス。

「どのようにこの試合に臨んだか?」
    "いける"という気持ちでやった。
「後半崩れた原因は?」
  シンビンでキーマン不在となりチームが動揺した。

法政大学

●法政大学
〔監督〕谷崎重幸
 課題が見えた。"入り"である。修正していく。

〔副主将〕千々和晃
 "入り"が悪く流れをつかめなかった。

「前半リードされた理由は?」
     いい緊張感を持って試合に臨んだが、一つのミスをあそまで引きずるとは・・・
「ハーフタイムの指示は?」
  前へ行けと言った。(相手がシンビン中のため)
「帝京戦に向けて?」
    自分たちのやって来た事をやるだけ。

 

写真 写真 写真
写真 写真  写真
写真 写真  写真