ホーム>トップリーグ>平成30年度>トップリーグ第2節〔9月8日〕/コカ・コーラvsパナソニック/試合レポート
  • 社会人
  • クラブ
  • 大学
  • 高専
  • 高校
  • 中学・ジュニア
  • ミニ・タグ
  • 女子
  • セブンズ
  • レフリー委員会
  • 安全対策委員会
  • コーチ委員会
  • 普及育成委員会
  • メディカル委員会
  • 高校委員会

申請書ダウンロード

  • トップリーグ
  • トップチャレンジリーグ
  • 九州リーグ
  • 日本代表

トップリーグ第2節〔9月8日〕/コカ・コーラvsパナソニック/試合レポート

TOP LEAGUE
コカ・コーラレッドスパークス
コカ・コーラレッドスパークス 
 vs  パナソニックワイルドナイツ
 パナソニック
     

平成30年9月8日(土) 天候:雨 佐賀県総合運動場陸上競技場【佐賀】

●17:00キックオフ
  コカ・コーラレッドスパークス vs 
パナソニックワイルドナイツ

 

 マン・オブ・ザ・マッチ
【マン・オブ・ザ・マッチ】
パナソニックワイルドナイツ:No.10 山沢拓也
100試合達成
「リーグ戦100試合出場」達成
パナソニックワイルドナイツ:山田章仁

 

コカ・コーラレッドスパークス パナソニック ワイルドナイツ
前半 後半   前半 後半
1 1 T 4 6
1 1 G 4 2
0 0 PT 0 0
1 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0
10 7 28 34
17 合計 62
反則
2 5 PK 4 5
0 0 FK 0 0
7 合計 9

 

詳しくはトップリーグ公式サイトへ

記者会見

コカ・コーラ

コカ・コーラレッドスパークス
〔ヘッドコーチ〕アール・バー
残念だったが、ヤマハの時よりも良いパフォーマンスが出せた。ターンオーバーの局面が多かった。自分たちもリアクトしなければいけなかったが、できなかった。

〔主将〕ラファエレ ティモシー
ゲームの結果は残念だったが、コンディションは良かった。ボールキープができたときは、いいゲインができたがターンオーバーされることが多かった。

「先制トライは鮮やかだったが、今シーズン、チームが目指す攻撃だったのか?」
- キック、リバウンドはラッキーだった面がある。他の局面でも2、3回はできそうだったが、上手くできなかった。
「第1節、第2節と上位チームとの対戦が続いたが、3ゲーム目(3節)の対戦をどう考えるか?
- 次のゲームはホームゲームでもあるし、大切な試合になる。ターンオーバーに注意したい。ボールキープができたら、外で勝負したい。

パナソニック

パナソニックワイルドナイツ
〔監督〕ロビー・ディーンズ
先週は良くないところがあったが、今週は良いパフォーマンスが発揮できた。新しい2人のプレーヤーがデビューできたのは、チームにとって良い材料となった。やっと本格的なスタートができた。

〔ゲームキャプテン〕内田啓介
しっかりと勝ったことは嬉しい。大西、野口2人のデビュー戦、山田の100ゲームメモリアルで、良いゲームであった。先週は自分たちで苦しめた試合だったが、今週は成長が見えた。

 

「ゲームの入りでトライをとられたが、スタートとしてはどうだったのか?」
- トップリーグのゲームでは、全てがコントロールできるわけではない。そこからフォーカスをぶらすことなく修正することができた。コーラが前向き攻撃だったので、いいラグビーができた。昨シーズンのコーラとのゲームも、同じ時期、同じ場所でのゲームだった。スコアもあまり変わらないが、内容は大きく違う。コーラは良いパフォーマンスであった。
「ワールドカップを見据えて、また代表のことも考えて、自身はどう感じているか?
内田啓介 ワールドカップだけではなく、目の前の試合、いいプレーをすることが大切。チームが勝つことは嬉しい。

(記録者:佐賀県ラグビーフットボール協会)

写真 写真
写真 写真
写真 写真
写真 写真